メイン

地域活動 アーカイブ

2007年09月23日

第11回西日本シニアソフトボール大会

%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%8D%94%E4%BC%9A.jpg

%E7%AC%AC11%E5%9B%9E%E3%82%B7%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88.jpg

第11回西日本シニアソフトボール大会がフジグランそばの東部グランドで開催されました。
西日本各地から勝ち抜いた20チームが参加し、2日間の熱戦を繰り広げ、地元の山口クラブが優勝しました。
私は宇部市ソフトボール協会会長として、大会実行委員長。
初めて、優勝旗返還、答礼を受けました。
シニアとは60歳以上のチーム。しかし、ピッチャーの球の速さは一流。事前の監督者会議から各チームとも、冗談が言えないほど、気合が入っていました。
勝負にかける意気込みに年齢は関係ありません。
見習わなければいけません。
(写真左は、宇部ソフトボール協会の皆さんです。会長は私、副会長は市議会議員の山本哲也さん、理事長は上田和彦さんです。)

%E7%9A%AE%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB.jpg

公式試合のソフトボールが皮製なのを、皆さんご存知ですか。
宇部市ソフトボール協会会長に就任した最初の大会で、始球式をさせて頂き、ボールを握って、初めて知りました。
ソフトボールはゴム製だけと思っていたのですが、会長としては超勉強不足でした。

2007年09月24日

道普請

%E9%81%93%E6%99%AE%E8%AB%8B%EF%BC%92.jpg

%E9%81%93%E6%99%AE%E8%AB%8B.jpg

地元「第二原」の道普請に参加するために、早朝から草刈り機の整備をしました。
担当の場所にいってみると、すでにきれいに草刈りが終わっており、道の周辺の掃除くらいしか仕事がありませんでした。前日、近所の方や田の持ち主が、「迷惑をかけてはいけない」と草刈りをされていたようです。結局、草刈り機を持っていったけれど、使わずじまいで終わってしまいました。
「人に迷惑を掛けるから、事前に草刈りをしておこうという心遣いが素晴らしい」と思わせていただきました。
実は前夜、我が家でも家内が、自宅前の水路の草刈りを、懐中電灯を持って行っていました。
自宅前のことで、迷惑は掛けられないという思いがあるのだと思います。
帰宅後、せっかく、草刈り機を整備したので、事務所周りと駐車場の草刈りを行いました。
使い慣れていないせいか、刈った草を片付けると、トラ刈り状態。
しかし、充実した一日を過ごし、働いた気になりました。


2007年09月29日

「ときわミュージアム」オープンセレモニー 

%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%82%8F%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A0.jpg

「緑と花と彫刻の博物館」(愛称:ときわミュージアム)と「第22回現代日本彫刻展」のオープンセレモニーに出席しました。
サボテンセンター内にブリキの魚がつるされ、まるで海の中のように演出されていました。
大賞を取られた作品など、ゆっくり見せて頂きましたが、宇部市で開催されている「現代日本彫刻展」は、日本を代表する彫刻展。さらに、世界3大野外彫刻展の一つそうです。
予算的にも、宇部市だけで運営する事業規模ではありません。
県の大きな支援が必要だと感じました。
(写真左より、小川裕己市議会議長、植松洋進市議会議員さん)

見学後、会場西側にある古民家で開催されていた茶会(裏千家淡佼会青年部主催)で、お抹茶を頂きました。
青年部の皆さまには、昨年開催した『子ども匠の学校』でたいへんお世話になりました。
お茶も良かったけれど、茅葺の古民家がいい。
100年以上も前の民家を移築して、さらに30年以上たっており、屋根など痛みがひどいのですが、眺めているだけで、心が和みました。
(建物の保存状態が良くないので、使用に当たっては、相当苦労されたようです。
改修工事が必要ですが、萱の入手が難しく、技術者を見つけるのもたいへんです。常盤公園や市で何とかして頂きたいですね。)

2007年09月30日

第7回民踊マラソン大会

%E7%AC%AC%EF%BC%97%E5%9B%9E%E6%B0%91%E8%B8%8A%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B3.jpg

「第7回民踊マラソン大会」で宇部市レクリエーション協会会長として、ご挨拶をさせて頂きました。
協会が主催している『2007スポレク祭』の一環として開催された事業です。
40曲、約4時間踊り続ける大会です。
私はレクの上級公認指導員ですが、炭坑節くらいしか踊れません。
毎回、200名を越える方々、県内各地から参加されて、和やかな雰囲気が会の魅力です。
参加されている方々の人柄ですね。

%E9%87%8E%E5%8E%9F%E5%85%88%E7%94%9F%EF%BC%88%E3%83%AC%E3%82%AF%EF%BC%89.jpg

野原悌治さんに、久々にお会いしました。お元気そうな姿に、うkれしくなりました。フォークダンスなどレクリエーション活動に長年活躍され、宇部市の社会教育活動に多大な貢献をされています。(野原写真館を経営されていました)
ところで、大会名は民謡ではありません。民踊です。昔、間違えて原稿を書き、会長の光谷英男さんにお叱りを受けたことがありました。


2007年10月10日

故郷の名産品を育てる会(ご案内)

%E6%95%85%E9%83%B7%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%95.jpg

第2回故郷の文化を楽しみ味わう会
11月2日(金)18:30-20:30  全日空ホテル 参加費:5000円

パンフレットが完成し、会員20名が集まって会議を行いました。
2時間をどう演出するか、料理の内容なども話し合い、今回の会議には全日空ホテルからも2名参加してくださいました。
さて、今日から20日間で、できるだけ多くの方々にご案内をしなければいけません。
昨年、第1回では432名のご参加を頂き、主催する私たちがびっくりしたほどです。
開催2日前は365名でしたが、当日急に増え、食事が足りなくなって、申し訳ない思いをしました。
今年は、昨年の反省を踏まえて、とにかく、お客様に宇部市の素晴らしさを知って頂き、楽しんで頂けるようにしたいと思っています。
充実した会議でした。
10月13日(土)17:30から永山本家酒造場で酒蔵コンサートがあります。

2007年10月14日

「子どもたちとメディア」(山田先生講演会)  YMO21のパネル展示 

%E5%B1%B1%E7%94%B0%E5%85%88%E7%94%9F.jpg
「子どもたちとメディア」(山田真理子講演会)
「うべ・子ども21」主催の講演会が湖水ホールで開催されました。
テレビと携帯電話の子どもに対する影響については、強い危機感を持っていたので、楽しみにしていました。
私とまったく同じ考えの先生だったので、うれしくて終わりまで、ノートをとりました。
機会があれば、ぜひ、塾の保護者にも聞いてほしい話でした。
データを基に話される大学の先生は説得力があります。
私は今年4月まで8年間、香川中学・高校の「父母の会」の会長をつとめていました。
毎年、入学式の挨拶では、必ず
「携帯電話を持たせないで下さい。これほど高価な玩具はありません。携帯電話を持たせて、親子の絆を失う」
「アルバイトはさせないで下さい。安易な金儲けは、親を尊敬しなくなる」と保護者に訴えてきました。

ちなみに現在、大学4年生の息子には高校時代、携帯電話を持たせませんでした。
彼の周りにいた友達も携帯電話を持っていませんでした。
友達の保護者は「海志君(私の息子)は携帯電話を持っていないんでしょ。彼が持ったら買って上げる」と、まるで私の息子が防波堤の役を果たしていました。
未だに、息子の友達の保護者から「おかげで助かりました」とお礼を言われます。
娘は19歳の予備校生ですが、やはり携帯電話を持っていません。
私の前では、絶対に「携帯電話がほしい」とは言いません。
言っても、絶対ダメとわかっているからだと思います。
大学に入れたら、一番いいのを買って上げるつもりです。

%E5%85%A8%E5%8A%B4%E7%81%BD%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%82%BF%E5%B1%B1%E5%8F%A3%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%97.jpg

全労災フェスタ2007が、きららドームで開催され
、「YMO21」がパネル展示を行いました。
(左より原田さん、金子学院長、西村さん)
向かい側にパン工房「シエロ」が出店されていて、「りんごパン」を買いました。
絶品、絶対おすすめです。
お店は、宇部市恩田交差点そばにあります。
シンシア3世号
帰りに、玄関に保管してあるシンシアを久々に見てきました。
10名くらいの方々見ておられ、
「これで本当に行ったのか。すごいなあ。」
横から「馬鹿、これで行ける訳ないだろう。模型だよ」という声。
余程「本物です」と声をかけようかと思いましたが、黙って、私は他人事のように聞いていました。

2007年10月15日

松江八幡宮式年(25年)祭

%E6%9D%BE%E6%B1%9F%E5%85%AB%E5%B9%A1%E5%AE%AE%E5%BC%8F%E5%B9%B4%E7%A5%AD.jpg

松江八幡宮式年大祭の参加させて頂きました。
25年に1回の式年祭です。
本殿は大修理が行われ、綺麗になり、お神輿も5台に増え、今回のご進講は全地域をくまなく回りことになりました。
稚児行列も行われました。
「鎮守の森」という言葉が私語になりかけています。
神社の祭礼を見ていると、日本人のDNAの立派さを感じます。
私たちは、先祖が守り続けてきた日本の伝統と文化を大切にしなければいけませんね。

2007年10月17日

第21回友遊運動会

%E5%8F%8B%E9%81%8A%E9%81%8B%E5%8B%95%E4%BC%9A%EF%BC%92.jpg

%E5%8F%8B%E9%81%8A%E9%81%8B%E5%8B%95%E4%BC%9A%EF%BC%91.jpg

第21回友遊運動会に参加してきました。
心のケアを必要とされている方々のための運動会で、毎年参加させて頂いています。
さゆり幼稚園の園児による組み体操の演技披露で始まり、借り物競争など楽しい競技の連続でした。
綱引きでは、「ふらっとコミュニティーチーム」のメンバーとして、競技に参加し、準優勝でした。
「全員参加の明るい社会、共に生きてつながる心」がスローガンでした。
障害者自立支援法の施行に伴い、様々な課題が持ち上がっており、政府の全面見直しに期待している声が強いようです。

2007年10月20日

きらら物産・交流フェアー2007、 小月航空自衛隊式典

%E3%81%8D%E3%82%89%E3%82%89%E7%89%A9%E7%94%A3%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%BC%EF%BC%92jpg.jpg

きらら物産・交流フェアー2007のオープニングに参加しました。

写真は、オープニングでの二井知事。
昨年は2日間で11万人もの来場があったとのこと。
開場時には、すでに長い車の行列ができていました。
知合いの企業も多数出店していて、熱い熱気を感じました。
山口県の物産品も大したものです。
将来への期待と、希望をみるとことができました。
「故郷の名産品を育てる会」もいずれ、出展できるほどになりたいですね。

%E5%B0%8F%E6%9C%88%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%EF%BC%91.jpg

%E5%B0%8F%E6%9C%88%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A.jpg

小月教育基地開隊42周年記念行事に招かれました。

写真上は式典の様子ですが、国旗、海軍旗に向かって敬礼している自衛隊員の姿に、国防の大切さ、そして彼らにかかっている責務の重要性を心から感じました。
国会は、テロ対策特別措置法に基づくインド洋での給油継続のための補給支援の審議で、与野党間の協議が進展せず、大きく揺れていますが、自衛隊はその決定で淡々と職務を追行するのみ。
当然のことですが、国際的にも高く評価されている活動だけに、とても残念です。
写真下は宇部市議会の高井仁議員さん、右は司令官の倉本憲一海将と昼食会で。
帰る前に、基地内の売店で「横須賀海軍カレー」と、海軍のマークについたネクタイピン、マグカップを買って帰りました。
ついつい買ってしまうのが、悪い癖です。

2007年10月24日

宇部鴻城高等学校で講演会

%E3%81%93%E3%81%86%E3%81%98%E3%82%87%E3%81%86%E8%AC%9B%E6%BC%94%EF%BC%91.jpg

宇部鴻城高等学校で講演をさせて頂きました。

同校での講演は、4回目です。
高校に行くと必ず「話を聞く態度が悪くて、ご迷惑をおかけするかも知れませんが、、、。」と言われる校長先生がおられますが、私は今まで、生徒がざわめいて、苦労したことがありません。
今日は全校生徒が相手でしたが、話を聞く態度は立派でした。
また、学校の雰囲気も良かったです。
壇上に立つと、初めは下を向いたままの生徒も何人かいましたが、後半は全員顔を上げて、一生懸命聞いてくれました。
高校で話をすると、いつも後半になるほど、盛り上がって、なぜか元気が出て、ついつい時間オーバーになってしまいます。
高校生には、ごまかしは通用しません。
体験を通した話は、真剣に聞いてくれます。
とにかく、反応もあり楽しく話せました。
宇部鴻城高等学校は男子校でしたが、今は共学、女子もたくさんいました。
女の子がいると、雰囲気が違いいますね。

ところで、今回も生徒会長は女の子でした。
最近は、女の子の生徒会長が増えました。
講演会で高等学校に行くと、生徒会長が男の子は稀で、特に文化祭の実行委員長は必ず、女の子ですね。
男の子に覇気がありません。男の子をどう、逞しく育てるかが国家的課題になりそうです。
なぜか、女の子が元気で、活発です。
男の子の子育ては、お父さんが頑張らなければいけません。
お母さんが男の子を育てると、お母さんの物差しで育ててしまいます。
男は鍛えただけものになります。
男は経験や体験の中で鍛えられて、逞しい精神力を身につけます。
やはり、男の子には、お父さんの出番ですね。

2007年10月28日

宇部ミュージカルの旗揚公演(10.28)

%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB%EF%BC%91.jpg

%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB%EF%BC%92.jpg

宇部ミュージカルの旗揚公演「新サンタ物語」が宇部市民館で開催されました。

昨年末に、山崎鈴佳さんとお母様から、「ミュージカルをしたい」「劇団を作りたい」というお話を伺って、たった1年。
ついに初公演まで漕ぎ着けられた2人のパワーは凄い。
感動です。
私は宇部ミュージカルの練習会場の確保と、助成金の申請とそのプレゼンテーション用のパワーポイントの作成をお手伝いさせて頂きました。
少しでも、お役に立ててよかった。
それにしても、素人集団を公演できるまでに指導された山崎先生、演出などのプロデュースを手掛けられた伊藤寿真男先生など、スタッフの方々も立派だと思います。
しかも市民会館で昼夜2回公演。
チケットの販売が心配でしたが、昼間は超満員だったそうです。
ミュージカルの内容も感動的でしたし、出演された方々の技量も素晴らしかったです。
何より、見に来られた方々誰もが、満足された様子でした。
大成功の出発だったと思います。

「やれば、できる。要するにやるか、やらないか」を実践された山崎先生とお母様は凄い。

今日は原校区釣り大会、山口地区実践倫理壮年の集い、黒石校区ふれあい祭り、光善寺感謝祭など行事の多い日でした。出席できなかった行事が3箇所ありました。お許し下さい。

2007年11月01日

地元老人会が旧議会棟を見学 10.31

%E7%AC%AC%EF%BC%91%E7%AC%AC%EF%BC%92%E7%9D%A6%E4%BC%9A%E7%A0%94%E4%BF%AE%E6%97%85%E8%A1%8C%EF%BC%91.jpg

%E7%AC%AC%EF%BC%91%E7%AC%AC%EF%BC%92%E7%9D%A6%E4%BC%9A%E7%A0%94%E4%BF%AE%E6%97%85%E8%A1%8C%EF%BC%92.jpg

地元原の「第1.2睦会」の皆さん、45名が山口市内の瑠璃光寺(国宝五重の塔)やNHK、そして県政資料館(旧議会棟)を見学されました。

近所のお年寄りの方も、多く参加されていました。
私は県政資料館を案内させて頂きました。
なぜか、お年寄りの皆さんを見ていると、心が安らぎます。
なぜか、温かい気持ちになれます。
不思議ですね。

お見送りをすると、バスが見えなくなるまで、手を振って下さる方もおられ、お年寄りの方々への思いを新たにしました。
近所でも一人暮らしのお年寄りが急激に増えました。
ちょっと暇さえあれば集える、居場所づくりを検討したいと思います。

2007年11月02日

故郷の名産品を育てる会 11.2

%E6%95%85%E9%83%B7%E3%81%AE%E4%BC%9A11.2-2.jpg

%E6%95%85%E9%83%B7%E3%81%AE%E4%BC%9A11.2-1.jpg

%E6%95%85%E9%83%B7%E3%81%AE%E4%BC%9A11.2-3.jpg

%E6%95%85%E9%83%B7%E3%81%AE%E4%BC%9A11.2-5.jpg

「第2回 故郷を味わい、故郷の文化に親しむ会」を全日空ホテルで開催し、藤田市長様、小川議長様はじめ450名もの宇部市民の皆さまにご参加を頂きました。
昨年以上の盛り上がりを感じました。
本当にありがたいことだと、心から感謝しています。

主催は「故郷の名産品を育てる会」(会員65名)で、現在私が会長をつとめさせて頂いています。
昨年の第1回には、思いもかけない432名ものご参加を頂きました。
ホテルと協議して「豪華ないい物」を召し上がって頂こうとしたのですが、量が足りず、ご参加頂いた方々にたいへんご迷惑を掛けました。
そのことで、今回の開催については会員も少し消極的でしたが、「1回で終わるわけにはいかない」という結論で実施をきめました。
危機感もあってか、会員一同のご協力と、宇部市民の皆さまの優しさで、第2回は昨年以上のご参加を頂き驚きました。
「失敗は許されない」という会員の思いもあり、余興についても検討を重ね、会員の知り合いということから声楽家の「大塚茉莉子さん」にオープニングをお願いし、「千の風にのって」など3曲を歌って頂きました。
また「宇部太鼓」「二俣瀬樽太鼓」、宇部民踊愛好会」の皆さまには「秋田おばこ」「南蛮おどり」をご披露頂きました。
宇部市営バスからは、バスガイドさんが応援に駆けつけてくださいました。
料理については、ホテル側と話し合い「とにかく喜んで頂きたい」との思いだけで、相当なご無理を言い、料理内容を検討して頂きました。
おかげさまで、料理とお酒については一切クレームは出ませんでした。
それ以上に、帰り際に多くの方々から「来年もよろしく、必ず参加します」「5000円では赤字でしょう。来年からは6000円でも、皆参加しますよ」「いい雰囲気でした」などとお喜びとお礼のお言葉を頂き、それだけで幸せな気持ちになりました。
「幸せとは、感謝、ありがたいと思う心の中にある」(岡村)


2007年11月03日

吉部八幡宮芋煮え祭り 11.3

%E5%90%89%E9%83%A8%E5%85%AB%E5%B9%A1%E5%AE%AE11.3-%EF%BC%91.jpg

野村清風宮司さんのお誘いで、祭事から参加し村芝居を見せて頂きました。
「芋煮え祭り」の由来は、江戸時代、大切な奉行所からの来客が、予定より早く到着し、料理が間に合わなかったので、芋を出し、塩だけで召し上がって頂いたところ、たいそう喜ばれたことから始まったとのことです?

%E5%90%89%E9%83%A8%E5%85%AB%E5%B9%A1%E5%AE%AE11.3-2.jpg

%E5%90%89%E9%83%A8%E5%85%AB%E5%B9%A1%E5%AE%AE11.3-3.jpg

時代剣劇 百姓仁義「任侠石地蔵」
村芝居は、地元の有志が練習して開催しているとのことですが、とにかく、めちゃくちゃ面白い。
面白いだけじゃない。
涙ありの人情・仁義がたまりません。
市民館で行っても、満杯にできそうなくらいの出来栄えでした。
1回で終わりでは、もったない。
楽しい一日でした。

2007年11月06日

レクリエーション講習会公開講座 11.6

%E3%83%AC%E3%82%AF%E8%AC%9B%E7%BE%A911.6.jpg

レクリエーション講習会公開講座で「夢と希望が生きる力を育む」と題して講演させて頂きました。
ズームイン朝「ヨットクルーズ」の映像を初めに見て頂きました。
私が行っている宇部港から長崎ハウステンボスまでを往復する7日間のヨットクルージングでの映像です。
参加した中学2年生で、親子関係の良くなかった女の子が、7日間のヨットクルージングを通して少しずつ変わっていく姿を追った15分間のテレビの特番です。
見て頂いたあとで、体験教育の大切さなどを話させて頂きました。
写真は講演が終わったあと受講生と撮った1枚です。
今回が40回目、2ヶ月間に及ぶ講座ですが、私は14回、妻の里美は11回の受講生です。
40年前に始まって、私が受講したのは26年前ということになります。
先輩たちのおかげですね。

2007年11月11日

宇部レクリエーション講座の「集いの演出」 11.11

%E3%83%AC%E3%82%AF%E9%9B%86%E3%81%8411.11.jpg

%E3%83%AC%E3%82%AF%E9%9B%86%E3%81%84%EF%BC%92%E3%80%8011.11.jpg

会長をさせて頂いている宇部レクリエーション協会のレク講座「集いの演出」に参加しました。
クリスマス会の演出の練習です。
受講生がトナカイやサンタの仮装をし、パーティーを盛り上げてくれました。
受講生が年々、減少しているのが気がかりですが、受講生が頑張っている姿に感動しました。
乾杯の挨拶をさせて頂きました。
「トナカイさんは何匹いますか?サンタさんは?楽しい一時に乾杯!」
平穏な年の瀬でありますように。


原ふれあい祭り 11.11

%E5%8E%9F%E3%81%B5%E3%82%8C%E3%81%82%E3%81%84%E7%A5%AD%E3%82%8A11.11.jpg

原ふれあい祭り、厚南ふれあい祭りに参加しました。
妻の里美は、早朝から「原ふれあい祭り」の焼き鳥やうどんなどのチケット売りのお手伝い。
私はふれあい祭りやレク講座など、行事のはしごです。
県議という役柄として、しかたないのですが、ときどき、空しくなるときがあります。
どうせなら、一箇所で、とことんお手伝いしたいですね。
15時までお手伝いして、ジュニア洋上スクールの打合せのため、韓国に出かけました。
赤川先生、緒方添乗員さん、里美が同行です。

2007年11月17日

母とみかん、キエフからのお客さま 11.17

%E6%AF%8D%E3%81%A8%E3%81%BF%E3%81%8B%E3%82%93%EF%BC%91.jpg

我が家のみかんが今年も「すずなり」です。
栄養をたっぷり含んだ愛犬の「コロ」のウンチのおかげかもしれません。

友人に誘われて、朝から「うべかま祭り」に83歳になった母と出かけました。
「くるみ園」特製の豆腐、いそべ揚げ、れんこんてんぷらなどを購入、特に「れんこんてんぷら」は、谷川相談役の考案だそうですが、れんこんのシャキシャキ感が私のお気に入りです。
最近、自宅にこもりがちで心配していただけに、動きをみて少し安心し、帰りに障害者福祉施設の「高嶺園」の見学会にも行ってきました。
きれいに、しかも使い勝手のよくなったトイレをみて、施設の進化に驚きました。
入園者の皆さんが顔を会わせる度に「こんにちは」と挨拶してくれて、その笑顔がとても素晴らしかったです。

%E3%81%88%E3%82%93%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%BE%E3%82%81.jpg

夜はチェリノブイリ原発事故のあったロシアのキエフ市から来日された「ヴァレンテナ先生(医者)」歓迎会に里美と参加しました。
「えんどうまめの会」を主宰されている石川悦子さんに誘われて加しました。
参加者が手作りし、持ち寄った料理でのもてなしに先生も感激された様子。
これから30日に帰国されるまで、関西から九州まで、講演活動をされるとのことです。
石川さんは20年間、原発事故で被曝したキエフの子どもたちの支援を行ってきた市民活動家で、妻の親友です。
今回の来日も、すべて彼女が段取りされたようです。
情熱と志が人を動かしている、そう感じさせて下さる人です。
学ばなければいけませんね。
写真左は、通訳としてキエフから同行された竹内さんです。

2007年11月19日

「故郷の名産品を育てる会」の反省会 11.19

%E6%95%85%E9%83%B7%E5%8F%8D%E7%9C%81%E4%BC%9A11.19.jpg

11.2 に開催した「故郷を味わい、故郷の文化に親しむ会」の反省会を行いました。
会計的には募集経費分が赤字となりました。
しかし、「2度目が失敗すれば、3度目はない」との覚悟で行った事業だけに、参加者の皆さまから、「良かった」「来年も参加したい」という意見を多数伺えたことが、会員としては大満足だったようです。
また当日、出店してくださった宇部蒲鉾さんからは「売店ではほとんど完売できた」との感謝のお言葉を頂きました。
料理内容の検討、出し物、受付の方法など、多数の意見を来年に反映したいと思います。
まずは無事、成功裏に終わったことに心から感謝です。
宇部市の名産品を育てる会である以上、「育てる」という部分をどのような活動でお手伝いできるかについては、これからの課題です。
来年8月には、宇部空港の出発ロビーに「カクウチ」(立ち飲み)の店を南風荘への委託事業として開店します。

2007年11月23日

第40回レクリエーション講習会 11.23

%E3%83%AC%E3%82%AF%E8%AC%9B%E5%BA%A740%E5%91%A8%E5%B9%B4%E3%80%80%EF%BD%93%EF%BC%95%EF%BC%98%E5%B9%B4.jpg

第40回レクリエーション講習会の記念誌を発行するための挨拶文を書きました。
私は第16回。妻の里美は第14回の修了生。
上は、閉校式のときの写真ですが、修了証と共に、今も飾ってあります。
私のようにレク講の修了証を額に飾っている人は稀かもしれませんね。みんな若かったです。

感謝をこめて・・・
「縁は人生の宝」
昭和43年に『第1回宇部レクリエーション指導者講習会』が開催されて以来、40年。 「継続は力なり」という言葉がありますが、40回目を迎えられたことは素晴らしい出来事であり、宇部市はもちろんですが、日本レクリエーション協会としても、誇りある出来事だと思います。
長年にわたる講習会の継続は先輩諸氏をはじめ、多くの方々のご努力と使命感の賜物であり、心からの敬意と感謝、そして、お祝いを申し上げます。

さて、私は昭和58年、第16回講習会の受講生です。
それまで仕事以外の社会参加的な活動に加わったことがなかった私にとって、この講習会はまさしく「人生の転機」となり翌年、体験教育を取り入れた学習塾を開校する自信と情熱、そして使命感を与えてくれました。今も我が家の壁には、修了証が閉校式の写真とともに、額に入れて飾られています。「縁は人生の宝」という言葉がありますが、講習会を通してご縁を頂いた方々が、今の私の青少年活動を支えて下さっています。ちなみに妻は第14回講習会の受講生です。

40回目を迎えるにあたって毎年、3ヶ月という長期にわたる講習会を主管して来られた宇部レクリエーション研究会の皆さまは、たいへんなご努力の連続であったと思います。
「花のほほえみ 根のいのり」という言葉があります。
多くの方々の祈りと願いがあって、継続されてきた講習会です。その方々の思いを大切にしたいですね。
皆さまのご健勝とご多幸をお祈り申し上げまして、挨拶とさせて頂きます。

2008年01月12日

スポーツチャンバラの初稽古(東岐波小学校) 1.12

%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93.jpg

私が県協会会長を勤めさせて頂いているスポーツチャンバラの初稽古(東岐波小学校)に参加しました。
幼児から大人まで、約50名が、いい汗をかきました。
正座し瞑目、そして正面に向かって礼。
礼儀正しく始まった初稽古でした。
挨拶では、私の今年のモットーである「夢は大きく、根は深く」という言葉について、話をさせて頂きました。

2008年01月22日

山口県レクリエーション協会の専門部会 1.22

%E3%83%AC%E3%82%AF%E5%B0%82%E9%96%80%E9%83%A8%E4%BC%9A.jpg

第2回専門部会が山口市の「パルトピア山口」で開催されました。

私がレクリエーションに関わったのは28歳のとき。
子どもたちの体験教育をする塾を開校する準備で、宇部市レクリエーション講習会を受講してからです。
26年目、早いものですね。
現在は「宇部市レクリエーション協会」の会長を請けさせて頂いています。
県の専門部会(事業部、財政部、育成・指導部、広報部)では財務部担当です。
しかし、日本レクからの循環金が減少し、県レクの財政を圧迫しています。
県財政と同じ状況ですね。
自らが金儲けを考えなければいけない状況です。
専門部は約30名ですが、国体を控え、大切な時期だけに、県レク協会の役割の重要性は感じます。
県も、体協と同じレベルで、レク協を支援してほしいですね。
自力を付けないと、国体では、大きな協力団体だけに開催がたいへんです。

2008年02月18日

第10回宇部市スポーツチャンバラ大会 2.17

%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E5%A4%A7%E4%BC%9A.jpg

「第10回宇部市スポーツチャンバラ大会」が宇部市武道館で開催されました。
私は山口県スポーツチャンバラ協会の会長をさせて頂いています。
宇部市の大会は早いもので10回目となりました。
事務局長の川上豊さんはじめ、指導者、事務局の皆さまに、感謝です。
4年後の山口国体では、デモンストレーション競技に採用され、宇部市武道館で競技が開催されます。
本番には全国から参加者が来られますから、盛大に開催されると思いますが、指導者の育成と競技人口の拡大が大きな課題です。
これからの4年間が大切ですね。
粉雪の降る寒い一日でしたが、子どもたちの大きな声に寒さを忘れるほどでした。


2008年03月03日

市民のための医療フォーラム「認知症」3.2

%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E7%97%87%EF%BC%92.jpg

%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E7%97%87.jpg

市民のための医療フォーラム「認知症への対応」の参加しました。

宇部医師会会長の福田信二先生挨拶の後、黒川泰先生、小笠原淳一先生、土屋智先生、宇部市高齢福祉課の職員から、認知症の自己判断テスト、早期発見、家族の対応についての講演をお聴きました。
会場をあふれる400名が参加し、別室でのビデオ放映も行われました。
関心の高さを知りました。
まだ、認知症とは無縁でも、これからの可能性は誰もが持っています。
老後の不安は、誰もが抱く、課題です。
私は運良く、福田先生に「地域医療政策の予算説明」を行うため、舞台袖で聴かせて頂きました。
我が家は父が91歳、母は83歳。
父は先日、バイクの免許講習会に出かけ、元気いっぱいですが、母は最近、認知症にかかり始めたように感じです。
動作も遅くなりました。
私は「宇部市介護家族の会」に入ったり、これからの対応が、我が家の大きな課題になりそうです。

2008年03月08日

山口UK学院・一期生卒業式 3.8

UK%E5%8D%92%E6%A5%AD%E5%BC%8F%202%20%EF%BC%93%EF%BC%8E%EF%BC%98.jpg

UK%E5%8D%92%E6%A5%AD%E5%BC%8F%EF%BC%93%EF%BC%8E%EF%BC%98.jpg

山口UK学院の第一期生卒業式が行われ9名が卒業しました。

「山口UK学院」は、高校中退や不登校の子どもたちを通信制高校で、卒業させるお手伝いをするために3年前、宇部市に開校しました。
学院長は金子豊さん。
私が理事長をしているNPO法人YMO21が運営しています。
卒業式では、金子さんが卒業証書を授与し、私と「つくば開成高校」の糸賀理事長が挨拶を行いました。
卒業生代表として、昨年夏、森と海の学校が主催した自然体験キャンプに指導員として参加した田中りほさんが挨拶しました。
挨拶では涙で声をつまらせたり、学院長や事務局員まで泣いてしまい、感動的な卒業式でした。
涙の数だけ、いろいろな困難があったのだと思います。
卒業生のうち、2名が大学に進学します。

2008年04月04日

第19回ジュニア洋上スクールin韓国 4.4

%E6%B4%8B%E4%B8%8A%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%EF%BC%91.jpg
釜山市盆浦初等学校での交流会で『よさこい』を披露する子どもたち

%E6%B4%8B%E4%B8%8A%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%EF%BC%92.jpg
慶州の石窟庵にて

第19回ジュニア洋上スクールが無事に終わりました。
参加者は73名(小学生59名、中学生14名)、スタッフ13名。合計86名。
今回はダウン症、アスペルガー、なかよし学級の子どもなど、障害を抱えた子どもが4名いただけ、班長や組長、生活班はたいへんでしたが、その分、得るものも大きかったように思います。
下関港から釜山への航海は平穏、釜山からソウルへは高速鉄道「KTX」の乗車しました。静かな電車ですね。
ソウルでは、景福宮を見学して、ロッテワールドに行き、フリーパスチケットでゲームやアトラクションを大いに楽しみ、パレードを見学しました。
「ご両親からのお手紙」を、3日目、慶州のユースホステルで行いました。
子どもたちは、涙を流し「自分にとって、親とは何なのか」「どのような生き方をしなければいけないのか」ということを学びました。
異国で読む父母の手紙は、やはり価値があるように思います。
釜山市盆浦初等学校(李哲秀校長)でのスポーツ文化交流会では、韓国側は独唱、オーケストラによる演奏を披露してくださり、こちらは慶州で2日間一生懸命練習した「よさこい踊り」と歌「世界がひとつになるまで」を披露しました。
「よさこい踊り」は一糸乱れぬ踊りに、校長先生は感激して立ち上がって拍手をして下さいました。
釜山ではアクアリウム(水族館)竜頭山公園、チャガルチ市場、を見学し、国際市場で買い物をしました。
ウォンを持って値切っている姿が印象的でした。
素晴らしいスタッフに恵まれたおかげで、無事、19回目のジュニア洋上スクールを終えることができたことに感謝しています。
平成4年から続いてきた事業ですが、毎回、子どもたちやスタッフから大きな感動を頂き、そのおかげで続けることができました。
子どもたちといると心が喜びますね。

%E6%B4%8B%E4%B8%8A%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E8%A8%98%E4%BA%8B4.4.jpg

2008年04月14日

妻崎恵美須神社「春祭り」4.12

%E6%81%B5%E7%BE%8E%E9%A0%88%E6%98%A5%E7%A5%AD%E3%82%8A.jpg

妻崎恵美須神社「第10回目の春祭り」を開催
4月12日、厚東川河口の竹の小島に奉られている「妻崎恵美須神社」の春祭りを11時より、松江八幡宮の白石真三宮司の祭事で行いました。
祭主・岡村精二、総代・宮本弘です。
60名の方々が参加して下さいました。
天候にも恵まれ、「桜」と「菜の花」が同時に満開を迎えるという珍しい景色に中で行いました。
特に「菜の花」は、特別に種をまいたわけではないのに、境内に満開となりました。
祭事のあと、花見をかねた直会を行い、楽しい時間をすごしました。
恵美須神社は、平成9年、妻崎漁業協同組合の解散に伴い、解体合祀ということでしたが、そばに塾の合宿所があることから、私が個人として、土地を買い取り、お世話させていただくことになりました。
草刈や、お正月の接待など、大変さはありましが、素晴らしいご縁を頂いたと、心から感謝しています。
今年でちょうど10年目、10回目の春祭りとなりました。
個人としてできる限り、お世話を続けさせて頂きたいと思っています。
神社の由来:竹の子島の高台にあり、海上・漁業の神様、五穀豊穣、厚南平野の守神として信仰されてきました。
建立は1861年(万延2年)で、手水鉢には藤原、源、平の名前が彫られています。

%E6%81%B5%E7%BE%8E%E9%A0%88%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E3%81%AE%E8%A8%98%E4%BA%8B4.17.jpg

2008年04月21日

「山口UK学院」入学式 4.21

%EF%BC%B5%EF%BC%AB%E5%85%A5%E5%AD%A6%E5%BC%8F4.21.jpg
挨拶をする学院長の金子豊さん

%EF%BC%B5%EF%BC%AB%E5%85%A5%E5%AD%A6%E5%BC%8F%E2%91%A14.21.jpg
入学式のあと、講師と生徒の記念撮影

平成20年度の山口UK学院の入学式を行いました。
若者の居場所づくりとして、NPO法人「YMO21」を設立して、3回目の入学式です。

入学式には、つくば開成高校の糸賀理事長もご出席下さいました。

今回は理事長として「花のほほえみ 根のいのり」と題して、話をさせて頂きました。

花を咲かせるには、根っこに肥やしや水を与えることが大切です。
しかし、それだけでは立派な花は咲きません。
「根っこ」と「育てる人」の願いと祈りがあって、初めて立派な花が咲く。
根っこが大切。自分にとって、根っことは何なのかを、ここで学んでほしいと思います。

2008年04月28日

防府青年会議所の「夢ふうせん」 4.28

%E9%98%B2%E5%BA%9CJC4.28.jpg

防府青年会議所の理事長の中村大二郎さんたちが事務所に来られました。

防府青年会議所とのご縁が始まって、18年くらいになります。
会議所主催の青少年事業に協力して以来のお付き合いです。
毎年、事業内容について、相談に来て下さいます。
うれしいですね。
特に「夢ふうせん」は青年向けに始まった事業で、12年前、阪神・淡路大震災のあと一度、大型客船を3日間借りて実施したことがあります。
500名の青年を乗せて、防府から神戸まで2泊3日。
1青年会議所で1日1000万円もする「新さくら丸」を借りるような事業は、たぶん全国でも初めてだったと思います。
私は無償でお手伝いさせて頂いたかわりに、貴賓室に妻と一緒に宿泊させて頂きました。
また、子供向けの「地球市民ジュニアアカデミー」では、60名を引率して韓国の春川へ行った事もありました。
今年は、萩往還を2泊3日で歩くとのこと。
私なりの気づきを2.3話させて頂きました。
事故事件が気がかりなようでした。
「子どもは大人が思っている以上に、丈夫」
「小学4年生なら、大人と同じ体力、根性がある」
「子どもは変わっていない。大人が変わっただけ」

私の持論を話しました。

近年、青少年事業に取組む団体が激減しています。
宇部市内でも、夏休みキャンプを行っている子ども会などは、ほとんどなくなりました。
「事故が心配」が大きな理由になっています。
しかし、それでも人のお世話をしたいという若い人が少なくなりました。

中村さんから頂いたメール
防府JCにおいて青少年事業といえば岡村精二さんということが引き継がれておりまして、
この度の訪問は、竹内委員長自身の青少年に対する考えがが養われないままにお会いすれば、
主体性が揺らいでしまうと恐れてこの時期になったのだと思います。
また、もう少し早い時期であればまた違うヒントがいただけたのではないかとも思っております。
「親からの手紙」は地球市民ジュニアアカデミーに欠かせないプログラムであり、
この事業を通してメンバー自らが気付くことの多い事業であります。
子どもたちに伝えようとすることで自らが学ぶ事業となっています。
この青少年事業は防府JCでこれからも続いていくと思いますが、
今後ともご指導ご鞭撻賜れますよう何卒お願い申し上げます。

これからも頑張って、いいお父さんたちになってほしいですね。




2008年05月02日

小野「お茶まつり」 5.2

%E3%81%8A%E8%8C%B6%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8A5.2.jpg

小野の「お茶まついり」が「アクトビレッジおの」を主会場として開催され、大勢の人たちで賑いました。

早朝から参加して、お抹茶を頂き、ハーブ園では、ハーブ茶を頂き、楽しい1日を過ごしました。
特に、ハーブ園はきれいに手間隙を欠けて整備されており、会員の方々の素晴らしい熱意を感じました。
小野地区の発展に、いかにして寄与できるか、当初の予定では、雇用を生み出すということもテーマでした。
これからの課題です。
いずれにしろ、これからが楽しみです。

12日から、SYD修養団の研修会で2泊3日で会場を借りる予定です。
27日にオープンしましたが、最初の宿泊型研修だそうです。

2008年05月03日

「スポーツチャンバラ協会」総会 5.3

%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E7%B7%8F%E4%BC%9A5.3.jpg

山口県スポーツチャンバラ協会と宇部市スポーツチャンバラ協会の総会が宇部市野球場で開催されました。

3年後の山口国体ではデモンストレーション競技として、宇部市の武道館で開催されます。
先日、県の体育課と相談して、山口県体育協会の加盟申請をすることになりました。
現在、全国で県の体育協会に加盟しているのは9府県、かりに11県になれば、日本体育協会の準加盟団体となるそうです。
競技者人口の拡大と審番員の育成も大きな課題です。
今回は下関支部が設立されました。
遊びではなく、スポーツ、武道としての認知が課題の1つです。
昨年、購入した胴衣が新品のまま、保管されています。

今年はインストラクターの免許も取りたいと思います。
会長ですから、、、。

2008年05月04日

中津瀬神社の大祭 5.4

%E6%B0%B4%E7%A5%9E%E6%A7%985.4.jpg

「中津瀬神社」(水神様)」春の大祭が行われ、来賓として参加しました。

拝殿で丸茂宮司さんによる神事が行われたあと、神楽、餅まきがありました。

神事の後、宮司さんより
「日本という国の素晴らしさは、2000年以上前から続いている皇室を頂いていること。
そして、その伝統文化を日本人が受け継いでいること。
1つの王朝(皇室)が2000年以上続き、天皇が毎朝晩、日本の平和を祈ってくださっている。
そんな国は世界中にありません。
中国も「4000年の歴史」と言われますが、王朝は何度も変わっています。
そんな日本に生まれ育ったことを、ありがたいことだと心から思います。」
とのご挨拶がありました。
私も心からそう思っています。

明日は新川市まつり、雨が降らなければいいのですが、雲行きが心配です。
新天町の子ども祭りを手伝います。

私は縁あって、妻崎恵美須神社をお世話させて頂いていますが、もっと気を入れて、喜ばなければいけませんね。

2008年05月05日

子ども祭り(遊びの城) 5.5

%E6%96%B0%E5%B7%9D%E7%A5%AD%E3%82%8A5.5.jpg

新川市祭りの企画イベント「子ども祭り」に、「遊びの城」の手伝いとして参加しました。
「遊びの城」は文部科学省の「子どもの居場所作り」事業として、市民活動センターと宇部レク協会などが協力して、毎週土曜日に常盤公園のレストハウスなどで年30回程度開催している企画で、4年目を迎えました。
今回は新川祭りの企画として、「遊びの城」を新天町で開催しました。
本当は、いつも手伝っている妻が参加する予定でしたが、ウクレレの発表会で広島に行かなければならなくなり、私が急遽、お手伝いとなりました。
私は宇部レクリエーション協会の会長ですから、、、。
早朝から会場準備など忙しい一日でしたが、十分楽しませて頂きました。
「けん玉」大会では、舞台に子ども10名が上がって競いましたが、あまりの上手さに、大人はみんなびっくりしていました。

宇部スポーツチャンバラ協会も、デモンストレーションを兼ねて参加しました。

夕方、「東岐波ひょっとこ踊り保存会」が申請中している市民活動支援助成金のプレゼン用パワーポイントを作成。
うまく、獲得できればいいのですが、、、。

hyo-5%28.jpg

2008年05月10日

ロータリークラブ地区協機会 5.10

%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%BC%E5%8D%94%E8%AD%B0%E4%BC%9A%E5%BA%83%E5%B3%B65.10.jpg

広島市の国際会議場で開催された国際ロータリー第2710地区2008-2009年度地区協議会に参加しました。
宇部ロータリークラブに入会して11年が過ぎましたが、公式行事にはほとんど参加したことがありませんでした。
出席率も悪く、不良会員の私ですが、今回はちょうど日程が空いていたので、参加させて頂きました。
世界でもっとも大きな社会奉仕団体、ポリオの撲滅でロータリーが果たした役割の大きさに驚きました。来期、私は国際奉仕委員長ですが、何か記念に残る事業を検討したいと思います。
往復バス移動でしたが、男ばかり賑やかな旅でした。
話題は知事選挙や市長選挙のことばかり。
大きな関心事にようです。
知事選挙では、私は知事の行動隊長になりそうです。
選挙期間、知事に付きっ切りです。頑張りますよ。

2008年05月11日

原コミュニティ大運動会 5.11

%E5%8E%9F%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E9%81%8B%E5%8B%95%E4%BC%9A5.11.jpg

原コミュニティ大運動会に参加しました。

昨日までの雨が嘘のような好天に恵まれました。
準備のため開始期は30分遅くなりました。
しかし、早朝から準備をされたコミュニティ協議会の方々には、心からのお礼を述べたい気持ちになりました。
地元議員として市議会議員の三戸充さんと青木晴子さんがおられますが、代表して挨拶をさせて頂きました。
今回は、特に小学生の参加が多く、とても賑やかだったように思います。
高齢化対策(独居老人、介護)、防災対策(自主防災組織)については、いろいろなの対策が講じられていますが、もっとも大切な対策は、コミュニティの充実・活性化です。
地域の人と人が、直接、顔を合わせて会話する。
しかも一緒に行動する運動会は、有効なコミュニティの充実・活性化対策だと思います。
楽しい一日でした。
妻の里美は、早朝から運動会のお手伝い。
参加者への賞品を準備する係として、頑張っていました。

2008年05月14日

SYD修養団青年セミナー(17名参加) 5.14

%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%E5%9B%9E%E8%AC%9B%E7%BF%92%E4%BC%9A%E3%81%BF%E3%81%9D%E3%81%8E.jpg

%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%B3%EF%BC%B9%EF%BC%A4.jpg

(財)修養団宇部市連合会主催による「第201回 SYD修養団青年セミナー」を「アクトビレッジおの」で5月12日から14日まで2泊3日の日程で開催しました。
(財)修養団とは日本で最も歴史のある文部科学省所管の社会教育団体です。
私は宇部市連合会の事務局長をさせて頂いています。

宇部市内の事業所から、20歳から30歳代の男女17名が参加しました。
日本の社会教育の基礎を築いた(財)修養団の創始者・蓮沼門三先生の精神にならい、「明るい家庭」「明るい職場」「明るい社会」の建設に力を発揮できる、健全な精神と身体を持った青年を育成しようという伝統ある講習会。
今回で第201回目の講習会です。
主な研修内容は、童心行、吉部八幡宮宮司の野村清風さんの講演、私の講演、人生設計図の作成、ブラインドウォーク、反省行、水行など。
特に水行は小野湖で行いました。
カヌー用の斜面で行いましたが、思った以上に冷たかったですね。
今回は初めて調理(カレーライス)も行いました。
みんなで作るカレーはおいしいですね。
一気に仲間作りができました。

今回は、開設されたばかりの「アクトビレッジおの」で開催しましたが、素晴らしい施設です。
食事は小野地区の女性の方々が早朝より、作って下さいました。
誰でも使用できる施設です。皆さまも、ぜひ、ご利用下さい。

%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%B3%EF%BC%B9%EF%BC%A4%E2%91%A1.jpg

ウドを頂いたので、私が天ぷらにして、皆さんに食べて頂きました。


2008年05月16日

第48回全日本実業団ソフトボール大会中国地区予選5.16

%E8%A5%BF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%AE%9F%E6%A5%AD%E5%9B%A3%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%885.16.jpg

第48回全日本実業団ソフトボール大会中国地区予選大会が明日5月17日と18日の2日間に亘って宇部市で開催されます。
その組み合わせ抽選会が宇部市野球場で行われ、宇部市ソフトボール協会会長として歓迎の言葉を述べさせて頂きました。
実業団チームは、バブル崩壊による景気低迷でチーム数が減少しています。
企業がボランティアとして支援するチームも減少しています。
今回は帝人、三菱系列の企業、宇部興産などが出場しています。
宇部興産は国体の強化チーム頑張ってほしいですね。
参加8チーム、4チームが全国大会に出場できます。

2008年05月17日

宇部鴻城高校の保護者会で講演 5.17

%E5%AE%87%E9%83%A8%E9%B4%BB%E5%9F%8E%E9%AB%98%E6%A0%A1%E8%AC%9B%E6%BC%945.17.jpg

宇部鴻城高校の保護者会で講演をさせて頂きました。

生徒相手の講演は過去4回させて頂いていますが、いつも静かに真剣に聞いてくれるので、とても楽しく話せました。
宇部鴻城高校での保護者への講演は今回が初めてです。
驚いたのは、生徒の親の7割が出席しているとのことで、約300名の保護者の皆さんが、一生懸命聞いてくださいました。
演題は「夢は大きく 根はふかく」
親子に絆の大切さ、根っこの大切さについて、話させて頂きました。

子育ては「あせらない」「気長に」、最後は「親子の縁」が、大きな支えとなります。
お母さんは「命がけで生んだ」という大きな自信と誇りを持って子育てをしてほしいですね。
それから、計帯電話は持たせてはいけません。私の娘は今年19歳で初めて携帯電話を許可しました。
アルバイトもさせてはいけません。親を尊敬しなくなります。などなど、、、、。


2008年05月18日

自治会の溝普請に参加しました。5.18

%E6%BA%9D%E6%99%AE%E8%AB%8B5.18.jpg

自治会の溝普請に今年も参加しました。
いつも田植えを前にした今時分に行うことになっています。
妻は昨夜、「ご迷惑を掛けられないから」と遅くまで、我が自宅前と事務所のそばの側溝部分の草刈をしていました。
うちの班の担当は、我が家の北側にある山の側の溝です。
8人で約1時間30分汗を流しました。
近所のお年寄りや若い夫婦の方々との世間話は楽しいですね。
近所づきあいの大切さをいつも感じます。

第48回全日本実業団SB中国地区予選 表彰式5.18

48%E5%9B%9E%E5%AE%9F%E6%A5%AD%E5%9B%A3%E5%AE%87%E9%83%A8%E8%88%88%E7%94%A35.18.jpg

宇部興産チーム 
(残念ながら、全国大会出場はできませんでした。
しかし、国体まであと3年、実力をつけて頑張ってほしいですね)

%EF%BC%94%EF%BC%98%E5%9B%9E%E8%A1%A8%E5%BD%B0%E5%BC%8F5.18.jpg

第48回全日本実業団SB中国地区予選大会の表彰式で、参加決定通知書を渡させて頂きました。3年後は、この東部グランドで国体が行われます。
土の入れ替え、夜間照明など整備しなければならない課題がたくさんあります。

2008年05月25日

第25回ウォークラリー大会、空手大会などなど 5.25

%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC%E5%A4%A7%E4%BC%9A5.25.jpg

第23回宇部市民ウォークラリー大会が琴芝小学校で開催され、約300名の親子連れと大学生が参加しました。
宇部市レクリエーション協会主催ですが、琴芝校区コミュニティー協議会の多大なご協力を頂きました。
会長として挨拶をさせて頂きました。
昨日からの雨で、開催が心配されていましたが、何とか持ちそうです。
早朝からの準備で、スタッフの皆さんはたいへんでした。
いつも「おかげさまで」の思いを大切にしなければと思っています。
ちなみに、第1回大会は昭和59年に、東岐波の古尾八幡宮周辺で開催され、そのとき私は副実行委員長でした。

%E6%A5%B5%E7%9C%9F%E7%A9%BA%E6%89%8B5.25.jpg

極真会館山口県支部主催の第24回全山口県空手道選手権大会が防府市武道場で開催されました。
私は今回から大会副会長として、挨拶をさせて頂きましたが、子どもたちの気合の入った演武に感動しました。
武道は、今一番欠けている礼儀、礼節を教えてくれます。
子どもには誰も助けてくれない、しかも一人で戦う武道は、自らを鍛える大切な教育です。
(写真は支部長の河岡博實先生と)

%E7%BE%8E%E6%9D%B1%E7%94%BA%E8%AC%9B%E6%BC%945.25.jpg

%E7%BE%8E%E6%9D%B1%E7%94%BA%E8%AC%9B%E6%BC%94%E2%91%A15.25.jpg

第7回歴史講演会が美祢市美東センターで開催されました。
「大田絵堂の戦い」を顕彰しよう会の主催です。
毎回、参加していますが、歴史教育の大切さをいつも感じます。
特に、「私たちの先祖には、こんな素晴らしい人(偉人)がいる。」
「私たちには、こんな素晴らしい歴史がある。」
そのことを子どもたちに教えなければいけません。
歴史教科書問題が4年ごとに話題になりますが、教育の根本は「将来を担う日本人を育てる」ことにあることを忘れてはいけませんね。
今回は㈱寺子屋モデルの山口秀範先生の講演でした。
私は挨拶をさせて頂きました。

午後3時からは私が理事をさせて頂いている財団法人「防長青年館」理事会、評議員会が山口でありました。
妻は午後2時から「コーロソルジェンティー」のコンサートに行き、素晴らしい歌声を聴いたようです。

2008年06月01日

琴碕八幡宮清掃奉仕(修養団宇部市連合会) 6.1

%E7%90%B4%E5%B4%8E%E3%81%AE%E6%8E%83%E9%99%A4%EF%BC%96%EF%BC%8E%EF%BC%91.jpg

修養団宇部市連合会では、毎年6月1日と12月1日の早朝、琴碕八幡宮清掃奉仕を行っています。
今回は、宇部フロンティア大学の学生や宇部市水道局の青年、宇部興産、宇部日報社からもご参加いただき、25名で実施しました。
「街がきれいになれば、心がきれいになる。心がきれいになれば、安らぎのある、さわやかな街になります」
次回は12月1日午前6時30分からです。

12月21日に「宇部市街頭清掃奉仕」を午前10時から行います。
毎年、400名の市民のみなさんが参加されます。

先日の総会で、修養団宇部市連合会の会長を勤めることになり、蔵澄静江さんが事務局長に就任しました。なお、岡村は本部理事、蔵澄さんが本部評議員になることも決まりました。

%E7%90%B4%E5%B4%8E%E3%81%AE%E9%BB%92%E6%9D%BF.jpg

八幡宮の境内には修養団宇部市連合会の「愛汗黒板」があります。
毎月1日に、妻が「今月の言葉」を書いています。

考えてみれば、私が事務局長を受けてから、妻の役割になりましたから、10年間続いていることになります。
私が書いてもいいのですが、字が特徴的(下手)なので、、、、。


%E7%90%B4%E5%B4%8E%E3%81%AE%E5%90%8D%E5%89%8D.jpg

「琴崎八幡宮」の正式名は「琴碕八幡宮」です。
写真に撮って、初めて知りました。

2008年07月21日

子ども自然体験キャンプの事前研修 7.21

%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E4%BA%8B%E5%89%8D%E7%A0%94%E4%BF%AE.jpg

第25回子ども自然体験キャンプの保護者向け事前研修を開催し、140名の参加を頂きました。

昭和59年に始めた4泊5日のキャンプが25年目、第25回となりました。
最近は子ども会やPTAでもキャンプをしなくなりました。
荘考えると、事故もなく、よく続いたなあと思います。
今回は熊本県阿蘇で開催、小学1年生から中学2年生までの140名が参加し、スタッフを入れると160名の大キャンプとなりました。
参加申込みを約180名頂き、当初の定員100名から、現地視察で最終的に40名増やして対応しましたが、それでも結局、40名のお断りしなければなりませんでした。
楽しみにされていた方も多く、申しわけなく思っています。
事前研修では、キャンプの目的、保護者から手紙、持ち物などについて約90分、説明させて頂きました。

夕方、KRY山口放送の「熱血テレビ」を見ました。私の「手紙でつむぐ親子のきずな」を題材に8分間、放映されました。
本に収録されている2家族に親の手紙と子どもの感想文が取り上げられ、感動的な内容で、見ていて涙が出ました。
KRYの徳永さん、高橋さんに感謝です。

2008年07月23日

長門市夏季教育研究講座で講演 7.23

%E9%95%B7%E9%96%80%E6%95%99%E5%93%A1%E7%A0%94%E4%BF%AE.jpg

長門市夏季教育研究講座で、市内の小中学校先生を対象に講演をさせて頂きました。
会場は「ラポートゆや」のホール。
教職員の資質向上を目的とした講座です。
釈迦に説法で、失礼と思いましたが、約1時間50分の講演させて頂きました。
先生方が、全員一生懸命聞いてくださったので、うれしかったです。
演題は「人間力―夢に向かって」。
しかし、中学2年生男子によるバスジャック事件、埼玉県の中学3年生の女子による父親刺殺事件など、親子の絆を考えさせられる事件が続いたので、「絆」をテーマにして、少し演題から離れた内容でお話させて頂きました。
少しでもお役に立てれば、よいのですが、、、、。

2008年08月03日

納涼祭(楠木町、厚東地区)

%E6%A5%A0%E3%81%AE%E5%A4%8F%E7%A5%AD%E3%82%8A.jpg

「岡村、来ないか」の一言に誘われて、楠木町商工会主催の納涼祭、厚東校区の納涼祭に行ってきました。

移動動物園はサファリランドから、ポニーとヤギが来ていて、小さな子どもたちは大喜び。
久しぶりのお会いする方々も、たくさんおられ、和やかな雰囲気でした。
移動動物園や屋台の配置、駐車場の位置など、よく検討されており、絶好の祭り場所。
これから、ますます、大きな祭りに発展する可能性を感じました。

帰路、厚東校区の納涼祭へ参加しました。
今年亡くなられた方々の遺影が飾られ、かつて私の住んでいる原でも行われていた、本来の納涼祭の雰囲気を味わいました。
原校区では、近所の水神様でも盆踊りが行われ、お宮にはたくさんの遺影が飾られていたのを思い出しました。
日本の夏はいいですね。
ご先祖様に感謝です。
いい習慣は大切にしなければいけません。

今日で、知事選挙は終わり、選対の行動隊長をお役ごめんです。
しかし、17日間の選挙期間は長いですね。
投票率が心配です。目標35%。
宇部市は30%を割るのではないかという声も、、、、。
投票に行きましょう。

子ども自然体験キャンプin阿蘇 『スタッフ会議』 8.3

%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%95%E4%BC%9A%E8%AD%B0%EF%BC%91.jpg

%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%95%E4%BC%9A%E8%AD%B02.jpg

午後6時30分から、スタッフ19名が塾の2階に集まり、キャンプの最終打合せを行いました。
私は結婚式があり、帰宅が遅くなったため、午後8時から参加しましたが、ベテランのスタッフたちが、議題を進行し、最後の挨拶だけでさせて頂きました。
昭和59年から始まったキャンプは、キャンプに参加した研修生が高校生、大学生になり、スタッフとして参加する中で、マニュアル、テクニックが引き継がれてきました。
私がいなくても大丈夫なほど、スタッフが充実しています。
本当に有難いですね。
今回のキャンプのために、仕事を休んで、わざわざ東京や大阪から帰って来た学生や会社員もいます。
彼らのおかげで、今年もキャンプができます。
感謝、感謝です。
5日午前8時、宇部市役所前を出発します。
9日午後6時に帰ってきます。
総勢160名。

2008年08月11日

第40回西日本大学ソフトボール選手権大会 8.7-8.10

第40回西日本大学ソフトボール選手権大会が、8.7-8.10なでの4日間、宇部市で開催されました。西日本各地から男女56チームの大学が参加し、宇部市野球場、東部体育広場、常盤体育広場など、7面のグランドを使って開催しました。
参加者3000名、国体以上の大会となりました。
私は宇部市ソフトボール協会の会長として、大会副会長という大役にありながら、主催事業の子ども自然体験キャンプのため、最終日しか参加できず、役員の方々にはご迷惑をお掛けしました。

%E8%A5%BF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%888.10.jpg
閉会式での表彰。優勝は、男子は京都産業大学、女子は園田学園大学でした。
準優勝は、共に立命館大学。
準決勝と決勝を観戦しましたが、球の速さは、半端ではありません。
野球は当てれば、外野まで球は飛びますが、ソフトボールは相当な腕力がないと外野には飛びませんね。
%E8%A5%BF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%888.10%E3%80%802.jpg
3位の表彰式、男子は福岡大学と中京学院大学、女子は東海学園大学と中京大学でした。
近畿、東海地区は強いですね。

2011年の山口国体は宇部市が引受です。国体の準備としてお引受した大会でしたが、炎天下、選手はもちろんですが、審番員の皆さん、お世話役の皆さんは本当にたいへんだったと思います。
国体は大きな大会だけに、スタッフの確保など課題もありますが、ぜひ成功させたいと思っています。

2008年09月15日

原校区敬老会と交換留学生マリーの歓迎会9.15.

原校区の敬老会にご招待を受け、挨拶をさせて頂きました。
83歳の母も、友達と参加し、楽しんだようです。

%E6%95%AC%E8%80%81%E4%BC%9A%EF%BC%92.jpg

%E6%95%AC%E8%80%81%E4%BC%9A%EF%BC%91.jpg

昭和41年、国民の祝日として「敬老の日」となり、お祝いの会が開催されるようになりました。
今年、65歳以上の高齢者人口は22.1%。
5人に1人が高齢者といわれる社会となり、70歳以上は2017万人で、初めて2000万人を超えました。
また、80歳以上は751万人で、男性251万人に対して、女性は500万人だそうです。
戦争で男性が多く戦死したこともありますが、女性の生命力の強さ、たくましさを感じます。
さて、あと5年すると、戦後のベビーブームの世代が、一気に高齢者年齢に達します。
老人会は活気づくのかも知れませんが、65歳で高齢者と思っている人はまずいません。
70歳でも、思っている人は少ないでしょう。
「高齢者・老人」と呼ばれたくない人が多いほど、元気な社会。
高齢者という呼び方は、75歳以上でいいのかもしれませんね。
私の父は91歳ですが、毎日バイクで買物に行っています。天気のいいときは、魚釣り。
「50.60は鼻垂れ小僧、70,80は働き盛り」という言葉が、当たり前という時代になってきました。
元気、活力のある高齢化社会。
生涯現役こそが、大きな社会貢献です。

「心の教育」
人と人との絆、家族に絆がこわれ、世界一、安全な国という神話が崩壊しつつあります。
徳を積むことの大切さ、「親の徳が、子に孫に」という考え方。
ぜひ、お年寄りの皆様から、子どもたちに伝えてほしいです。

%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC%E6%AD%93%E8%BF%8E%E4%BC%9A.jpg
ロータリークラブの交換留学生として、1年間、宇部に滞在したマリー・テブノさんが、訪ねてきました。【写真左端】
人気者だったマリーは毎日、あちこちに引っ張りだこ。楽しい日々を過ごしています。今日は我が家で、父母の敬老のお祝いも兼ねて、歓迎会をしました。

息子の海志は、インドに一人旅の最中で不在。
9月5日、インドまでの往復の航空券だけを持って出かけていきました。
20日には帰ってくるそうですが、現在、居所不明。1日300円で過ごすといっていましたが、、、、。
親が親でしたから、しかたないですね。

2008年09月26日

老人施設「神原苑」で「オシメたたみボランティア」9.26

%E7%A5%9E%E5%8E%9F%E8%8B%91%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%84%E3%81%9F%E3%81%9F%E3%81%BF9.26.jpg

私が会長をさせて頂いている「修養団宇部市連合会」の女性部で、特別養護老人ホーム「神原苑」のオシメたたみのボランティアを行いました。

お疲れ様でした。
年3回行っている活動です。
以前は山陽病院で行っていた活動ですが、布オムツから、紙オムツに変わったこともあり、ボランティアそのものができなくなり、3年前から、布オムツを使っている神原苑で行っています。
神原苑は、私が太平洋横断意に挑戦した昭和52年 6月、宇部市神原町にオープンした老人福祉施設です。

2008年11月01日

原剣友会50周年 11.1

息子が小学3年生からお世話になった原剣友会が50周年を迎え、祝賀会に大学院生になった息子と妻の3人で参加しました。左から息子の海志、縄田先生、私です。

%E5%8E%9F%E5%89%A3%E5%8F%8B%E4%BC%9A.jpg

縄田先生が、原剣友会を立ち上げられて50年。
30歳の頃から始められて、今80歳を過ぎても、週3回の練習の参加されています。
私は25年間、4泊5日の子ども自然体験キャンプを毎年続けてきて、自慢の種でしたが、先生の業績を見ていると、私の活動など比較外ですね。
来年、私たちは結婚25周年、いろいろな苦労がありました。(あくまでも妻にとってですが、、)
50年は凄いことです。

息子が剣道を始めたのは、小学3年生のときでした。
夜、台所の壁に大きなクモがいて、息子に「タオルで叩いて殺しなさい」と私が言うと、息子はやっつけようと一生懸命叩いたのですが、なかなか当らず、結局逃げられてしまいました。
「海志、おまえは剣道やれ!」の私の一言で、入部が決まりました。
息子はサッカー部に入部したかったようですが、私同様、運動神経の鈍い彼は正選手にはなれそうにありませんでした。
剣道なら、個人戦がありますから、試合には出ることができます。
それに、礼儀作法。
何より男の子には、一対一で戦う場面で精神を鍛えることが必要だと思っていました。
6年生のとき、男の子は息子一人でした。
そのため、当然のように主将として、全員のお世話をする機会を彼に与えて頂き、いい経験をし、私たち夫婦も父母の会の会長として、楽しい思い出を作ることができました。

6年生の夏、縄田先生の指導のおかげで、日本武道館の大会に出場する機会を与えられました。
参加した選手の目的は試合で勝つことよりも、ディズニーランドで遊ぶこと。
うきうきした気持ちで大会に参加しましたが、何と、息子は強豪相手に、1勝しました。
彼にとっては、きっと凄い出来事、我が家の大きな思い出となりました。

中学校までは剣道部でしたが、高校に進学してからはラグビー部、大学ではアメリカンフットボール部に入部。
剣道をしていたときは、体型は細くスラッとして、凛々しい顔立ちでしたが、ラグビーを始めてからは、一変して、今ではまるでプロレスラー並みの体型、髪型。
剣道をそのまま続けておけば良かったのにと思うこともあります。
今は大学院で学ぶ22歳。
縄田先生やご指導頂いた多くの先生方のおかげです。
これからも元気に、ご指導頂きたいと、心から願っています。

2009年04月13日

妻崎恵美須神社の春祭り 4.12

4月12日、今年は素晴らしい天気に恵まれ、恵美須神社の春祭りを80名のご参加を頂き開催することができました。
桜も少し残っていたので、いい花見となりました。
11時から松江八幡宮の白石真三宮司により、祭事を行ったあと、宴会では、若いスタッフが焼き鳥や猪の焼肉を用意してご馳走してくれました。
特に今年は、20代の若いスタッフが早朝から準備と最後の片付けまで手伝ってくれ、崇敬会の青年部として、来年も活躍してもらえそうです。
IMG_0029.jpg
くにひろ写真館の国広勤さんが記念写真を撮ってくださいました。
右端の手水鉢には、源、平、藤原の名が刻まれています。
きっと、由緒ある神社なのだと思います。
早いもので、私がお宮のお世話をさせて頂くようになって、12年目となりました。
IMG_0026.jpg
お礼の挨拶をする私です。
IMG_0041.jpg
宴会はいい天気に恵まれ、楽しいひと時を過ごすことができました。
IMG_0002.jpg
早朝から6名の若者たちが準備を手伝ってくれ、シート張りや座卓を並べる作業もあっという間に終わりました。有難いですね。


2009年04月22日

修養団宇部市連合会主催「山口青年セミナー」開講4.22

私が会長を努めさせて頂いている修養団宇部市連合会の主催で
「第122回SYD山口青年セミナー」を小野田市の「きらら交流館」で、
今日から2泊3日の日程で開講しました。

104年の歴史のある修養団。
122回目というのは、凄いですね。
先輩のご努力のおかげです。伝統は引き継がなければいけませんね。
今年は不景気のため、開催ができるかどうか心配していましたが、
地元企業の皆様のご協力で、開催することができました。
ありがたいですね。
みんないい若者ばかりで、楽しい研修会です。
私も一緒に仲間に入って、取り組んでいます。
午後は野村清風さん(山口県神社庁長)に、「日本の心(不易流行)」と題して講話をしていただきました。
明日は午後8時から、水行を行います。「きらら交流館」前の海で行います。
ご希望の方は、一緒に挑戦しませんか。

P1000736.jpg
会長として挨拶させて頂きました。
P1000758.jpg
竜王山の頂上まで登山を兼ねて、空き缶、ゴミ拾いを行いました。笑顔がすてきな仲間たち。
P1000734.jpg

2009年10月18日

宇部市レクリエーション講習会・集いの演出10.18

第42回宇部市レクリエーション講習会の「集いの演出」が、見初ふれあいセンターで開催され、私は宇部市レクリエーション協会の会長としてご招待を受けました。
今年の演出は、「凄い」「感動」の一言でした。
演出のテーマは「昭和」。
何より凄いのは「葉書」です。
頂いた葉書は、何と20円葉書。
しかも追加料金として貼ってある10円切手は、阪神高速道路開通記念切手です。

文面は裏表とも、すべて手書き、思いの深さを強く感じました。
見習わなければいけませんね。
10.18%E3%83%AC%E3%82%AF%E8%AC%9B%EF%BC%91.jpg

10.18%E3%83%AC%E3%82%AF%E8%AC%9B2.jpg

10.18%E3%83%AC%E3%82%AF%E8%AC%9B%EF%BC%93.jpg
今年の受講生は24名。
受講生はもちろんですが、招待された方々も皆、服装も、昭和がテーマ。
中には娘さんのセーラー服を着て参加された女性スタッフや割烹着姿、モンペ姿、和服姿もあり、楽しい一時を過ごさせて頂きました。
私は第15回の受講生、当時30歳でした。ちなみに妻は第13回の受講生です。
挨拶で「光らせている人が光っている人」という話をさせて頂きました。
私が講習会で学んだ大切なことは
「演出や企画では、どうしても舞台で歌う人、踊る人、話す人が光っているように見えます。
特に、観客席からは舞台しか見えません。
しかし、高いところから見れば、舞台裏で、主役を光らせている人が、本当は光輝いて見えるかもしれません。
天からみれば、大切なものが見える。高いところから、見ることが大切です。
私はキャンプでは、いつも舞台裏の仕事をさせて頂いていますが、実は性格的には、これが一番似合っています。

2009年12月13日

第39回宇部市街頭美化清掃作業 12.13

12月13日(日)午前10時から11時で開催しました第39回宇部市街頭美化清掃作業には400名を超える市民の皆さんが参加して下さいました。
心より厚くお礼申し上げます。
実行委員長として12回目の開催です。
毎回終了後、集められたゴミの山を眺めると、うれしい気持ちになります。

市制50周年を記念して始まった中心市街地の年末街頭清掃奉仕は、毎年400名を超える市民の皆様のご参加を頂き39回目を迎えることができました。
宇部市はかつて世界有数の煤塵公害都市といわれていましたが、産官学公の宇部方式によって克服した歴史があります。
特に宇部市を挙げての清掃奉仕は、今も企業や市民の方々に受け継がれ、会社や自宅付近の清掃奉仕を自主的に毎日行っている方々がたくさんおられます。
「宇部市はかつて日本一掃除の盛んな町だった」と振り返る方もおられます。
良き伝統を受け継いで参りたいと思っています。

P1020637.jpg
東部地区集合場所の宮大路児童公園には200名を超えるご参加を頂きました。
(西部地区集合場所は宇部新川駅前)
緑色のジャンパーは、今回のために作製しました。
P1020636.jpg
開式の挨拶と諸注意を行う私
P1020639.jpg
清掃作業に取組む参加者
P1020642.jpg
落ち葉で、すぐに袋が一杯になりました。
P1020647.jpg
子共と一緒に参加してくださった方もたくさんいました。
P1020650.jpg
国際ソロプチミストの皆さん
P1020659.jpg
宇部西高等学校生徒会の皆さん
P1020656.jpg
終ってみれば、ゴミの山ができました。
DVC00020.jpg
スタッフとしてお手伝い頂いた「森と海の学校」の指導員たち

来年の第40回宇部市街頭美化清掃作業は12月12日(日)に予定しています。
琴崎八幡宮の清掃奉仕を6月1日6時からと、12月1日6時30分から約30分間行っています。
ご参加頂ければ幸いです。


2009年12月29日

初詣は妻崎恵美須神社へ 12.29

初詣は妻崎恵美須神社にお参りされませんか。

平成10年から縁あって、お世話をさせて頂いています。
毎年1月1・2日は「ぜんざい」の接待をさせて頂きます。
神社のそばにある「森と海の学校の合宿所」(白い建物)が社務所代わりです。
お気軽にお越しください。
お待ちしています。

場所は厚南区竹の子島(妻崎漁港)です。
 (厚東川の厚南平野側の河口にある漁港の丘の上にあります)

%E6%81%B5%E7%BE%8E%E9%A0%88%E7%A5%9E%E7%A4%BE2.jpg
恵美須神社です。手水鉢には「源」「平」「藤原」の姓がついた名前が彫られています。
%E6%81%B5%E7%BE%8E%E9%A0%88%E7%A5%9E%E7%A4%BE%EF%BC%91.jpg
毎年、春祭りには花見を行っています。

2010年07月17日

スポチャン山陽小野田支部発足 7.17

スポーツ・チャンバラ山陽小野田支部が発足しました。
17日午後6時から小野田市須恵コミュニティー体育館で、山口県スポーツチャンバラ協会・山陽小野田支部発足を兼ねた第1回のスポーツチャンバラ講習会が行われました。
参加者は45名。
有限会社・栗栖工業(社員150名)の代表取締役社長・栗栖龍男さんが、中心となって立ち上げて下さいました。
昨年から10名近い社員の方々が、仕事が終ったあと、練習や試合に参加していました。
支部長には地区自治会長でもあるアツミ自動車の社長さんに決まったそうです。
約2時間30分の練習には、栗栖工業の社員さんを中心に45名が参加し、川上豊さん(日本スポーツチャンバラ協会指導員・師範)が指導されました。
お気軽にご参加下さい。
楽しいですよ。
詳しくは事務局長の鋼(はがね)さん、090-1182-2261へ。

%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%EF%BC%91.jpg
川上豊師範の指導を真剣に聞く参加者。

%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%EF%BC%92.jpg
卒塾生の菅雄一くんが参加してくれていました。15年ぶりの再会です。

2010年11月28日

第3回下関市スポーツチャンバラ大会 11.28

第3回下関市スポーツチャンバラ大会が下関総合支援学校で開催され、山口県スポチャン協会会長として出席させて頂きました。
小中学生や社会人も参加して下さり、競技への理解と競技人口の拡大が期待される大会となりました。
来年の国民体育大会ではデモンストレーション競技として、宇部市武道館で開催されます。
「君も国体選手になれます」が私の挨拶ですが、子供たちにとっては国体に参加できる数少ない競技の一つです。

%E4%B8%8B%E9%96%A2%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%EF%BC%91.jpg
参加者全員での記念写真です。
%E4%B8%8B%E9%96%A2%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%EF%BC%92.jpg
チャンバラというと、遊びのイメージがありますが、礼節を重んじる競技です。

2010年12月02日

琴崎八幡宮清掃奉仕12.1

私が会長をさせて頂いている修養団宇部市連合会主催による恒例の琴崎八幡宮清掃奉仕を実施しました。
毎年6月1日と12月1日、早朝6時30分から約30分間、揃いのジャンパーを着ての境内掃除奉仕です。
今回も市内事業等から25名が参加しましたが、意外なほど落ち葉が少なく、異常気象はこんなところにも影響しているようですね。
(ひょっとすると、清掃奉仕されている方が増えているのかもしれません)
%E7%90%B4%E5%B4%8E%E6%B8%85%E6%8E%83.jpg
終了後、本殿前で整列して参拝し、今月の言葉を斉唱。
%E7%90%B4%E5%B4%8E%E3%81%AE%E9%BB%92%E6%9D%BF2.jpg
境内にある「愛汗黒板」の今月の言葉は、毎月1日に妻が書かせて頂いています。
%E6%B8%85%E6%8E%83%E3%81%AE%E6%96%B0%E8%81%9E.jpg
宇部日報に記事です。早朝にもかかわらず、取材に来て下さいました。

%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%84%E3%81%AE%E6%96%B0%E8%81%9E.jpg
修養団の「おむつ畳が40周年」を迎えました。
年5回、特別擁護老人ホーム「神原苑」で行っています。

2010年12月04日

年末街頭清掃奉仕のお誘い 12.5

宇部市制施行90周年記念プレイベント
ひとつごみを拾うたびに、心がきれいになる。わが町宇部を美しく
『第40回 宇部市年末街頭清掃奉仕』のご案内

%E5%B9%B4%E6%9C%AB%E6%B8%85%E6%8E%83.jpg
市制50周年を記念して始まった中心市街地の年末街頭清掃奉仕は、毎年400名を超える市民の皆様のご参加を頂き、今年で40回目を迎えました。  
年末のたいへんお忙しい時期とは存じますが、お誘い合わせの上、ご参加下さいますようご案内申し上げます。

実施日時:12月19日(日) 午前10時~11時
     集合時刻:9時50分【雨天中止】
集合場所:東部地区:宮大路児童公園
     西部地区:宇部新川駅前
(どちらに集合されても結構です。)
解散場所:市役所の西側、真締川そばの公園、解散時刻は11時10分の予定です。

○日は、午前9時より集合場所にスタッフが待機しています。
○集塵作業のできる服装。軍手をご持参下さい。
○掃除用具、ゴミ袋は、事務局が用意します。
○清掃コース:東部・西部ともに、市役所に向かって清掃作業を行いながら、
 移動します。最後に真締川の公園(市役所そば)で合流します。
○収集したゴミ袋は、集合場所で回収します。ゴミ袋が一杯になったときは、
 交差点付近に置いて下さい。終了後、事務局が回収します。
○団体でご参加される場合は、事前に事務局にご連絡頂けると幸いです。
○お問合せ:修養団宇部市連合会事務局 ℡41-5435(加藤)
     当日の連絡先 携帯090-8713-6719(岡村)

主催:SYD修養団宇部市連合会
私が毎年、実行委員長を勤めさせて頂いています。

About 地域活動

ブログ「岡村精二 日々の活動」のカテゴリ「地域活動」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはツバメ物語です。

次のカテゴリは子どもをダメにしない住まい方です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34