« 2010年07月 | メイン | 2010年11月 »

2010年08月 アーカイブ

2010年08月01日

熱い夏の一日 7.31

今日も終日暑い1日でした。
昨日朝起きると、全身に発疹ができていて、びっくりしました。

炎天下、草刈に精を出しすぎて、ハゼの気に当ったのか、または汗疹かと不安なっていました。
友人が遊びに来て「これは若い頃、何か悪い遊びをしたのが、今頃、体力が衰えて出てきたに違いない」などと言われ、病院に言って来ました。
どうやら薬か食べ物に反応したらしく、薬を頂きました。
薬のおかげで、3時間後にはかなり、発疹が治まり、深夜、お風呂に入ろうと全身を見ると、ほぼ完治していました。
さすが、お医者さんですね。
今日は夕方から忙しい1日でした。

%E7%81%BD%E5%AE%B3%E3%80%80%E7%AC%AC2%E5%8E%9F.jpg
7月15日の豪雨による地元自治会の被害現場。
個人住宅1軒のみの被害、加工した擁壁、掛け崩れの高さなどの関係で、傾斜地の災害認定は受けられず、現状では「行政が対応できる最大の応急措置です」。後は個人で行わなければなりません。

2010年08月03日

夏のひととき(夏祭り)

地元の原校区の夏祭りに参加しました。
今年は昨年より人出が多く、楽しい時間を過ごさせていただきました。
%E5%8E%9F%E7%A5%AD%E3%82%8A%EF%BC%91.jpg

%E5%8E%9F%E7%A5%AD%E3%82%8A%E3%80%80%E9%87%8C%E7%BE%8E.jpg
子どもたちのお世話をする「根っこの会」に入っている妻の里美は、バザー券の販売係です。

%E5%8E%9F%E7%A5%AD%E3%82%8A.jpg
卒塾生の「女の子」、とは言っても今は1児の母親ですが、久々にお会いしました。
祭りなどに出かけると、必ずと言っていいほど、卒塾生たちに会います。
10年ぶりくらいに女の子の会うと、見違えるほど、みんな、美人になっています。
時には、声を掛けられても、誰か分からず、名まえを聞いて、当時の姿とダブらせながら、思い出を頭で探すことがあります。
入塾したころ小学生だった女の子が、今では、その多くが母親になっています。
卒塾生の子どもたちが。今年もキャンプに申し込んできているのですから、時の流れは早いものです。
今を大切に生きなければと思います。

「キジ鳩」日記 8.2

雨にも負けず、ひたすら卵を温める母鳥の姿。
見ているだけで、母は強し、立派ですね。

まもなく、孵化しそうです。

%E9%87%8E%E9%B3%A9%E3%81%AE%E5%B7%A35.jpg

テレビで児童虐待、育児放棄による赤ちゃんと幼児の殺人事件の話を聞くと、悲しくなります。

2010年08月18日

選挙用の看板を取り替えました。8.18

選挙用の看板を2日間かけて、新しい看板と取り替えました。
今回は顔写真入りです。
キャッチフレーズは「爽やかに熱く」です。
写真もまずまずかな?
自己満足するしかありません。
今までの看板は、宇部市議会議員選挙のために平成11年に取り付けたものです。
足の部分がかなり腐っていたり、名前のシールが剥げかかっていたりで、かなり痛んでいました。
2日間かけて、事務長の片山先生と作業を行いましたが、暑かったですね。
今年の残暑は異常なほど、暑いですね。

%E7%9C%8B%E6%9D%BF.jpg
取り付けられた新しい看板です。

2010年08月19日

「あわび」を頂きました。8.19

周防大島町の村上さんから新鮮な「あわび」を頂きました。
氷の入った箱の中には、「あわび」と一緒に木炭が入っていました。
「あわび」を木炭に抱かせると、1週間も生きているそうです。
サザエや刺身、鯛まで頂き、急遽、キャンプの準備のために来ていた学生スタッフのために、夕食を兼ねたバーベキュウを行いました。
肉を買ってきて、事務所の玄関前は大賑わいでした。
久々のバーべキュウ。
たまには、いいですね。

%E3%81%82%E3%82%8F%E3%81%B3.jpg
頂いた大きな「あわび」。見るからにおいしそうです。
%E3%81%82%E3%82%8F%E3%81%B3%EF%BC%92.jpg
神戸からキャンプのお手伝いに来てくれた井筒ゆきのちゃん。
高校1年生です。

第27回子ども自然体験キャンプは、21日から25日まで阿蘇青少年交流の家をベースに行います。
明日の夕方は、スタッフの最終打合せです。
参加者は子ども121名、スタッフ25名、合計146名。大型バス3台です。

2010年08月21日

第27回子ども自然体験キャンプin阿蘇(1日目) 8.21

「第27回子ども自然体験キャンプin阿蘇」を21日から4泊5日の日程で、熊本県阿蘇市の国立阿蘇青少年交流の家で実施します。
今回の参加者は小学2年生から中学1年生までの118名とスタッフ23名、合計141名。
遠くは大阪や神戸、広島、愛媛から参加した子どもたちもいます。

%E4%BA%8B%E5%89%8D%E7%A0%94%E4%BF%AE.jpg
8月8日、保護者のための事前研修を宇部市男女共同参画センターで実施しました。
キャンプの事前研修は、子ども向けに行っているのが普通だそうですが、当キャンプでは保護者だけを対象に、主に「手紙のお願い」のための研修会です。
子どもが感動するかどうかは、手紙の内容にかかっています。

%E6%96%B0%E8%81%9E%E8%A8%98%E4%BA%8B.jpg

今回は大型バス3台で往復します。
天気予報では5日間、「晴れときどき曇り」のキャンプ日和ですが、熱中症が心配ですね。
水分補給だけは十分行いたいと思います。

%E5%8F%97%E4%BB%98.jpg
出発式は宇部市役所の玄関で行いました。
早朝7時、受付を行う参加者たち。

IMG_0011.jpg
主催者として挨拶する岡村。キャンプのテーマである「花のほほえみ 根のいのり」という言葉の意味について、お話させて頂きました。
「5日後、全員、元気な笑顔で帰ってくること」
それが私の責任です。

IMG_0016.jpg
黄色のネッカチーフは班長さんの印です。
班長さんになりたくて、何度も参加している子どももいます。

IMG_0034.jpg
たくさんの保護者の皆様が見送って下さいました。

IMG_0053.jpg
キャンプ場でのオリエンテーション。
いよいよキャンプの始まりです。

IMG_0063.jpg

IMG_0071.jpg
テントの前で組長さんと

IMG_0072.jpg

IMG_0091.jpg
組長の高校生たちが行ったレクリエーションゲームを楽しむ子どもたち

IMG_0099.jpg

IMG_0114.jpg

IMG_0121.jpg

%E9%98%BF%E8%98%87.jpg
見上げれば、そばに阿蘇山がそびえています。

IMG_0181.jpg
夕食は施設のレストランで。
豚キムチ丼、ハンバーグ、スープ、パン、などなど。

IMG_0189.jpg
体の柔らかさにびっくり。目指すはバレリーナ?

IMG_0202.jpg
翌日の予定や子どもたちの様子など、課題についての話し合いを行うスタッフ会議。
深夜まで続けられました。

IMG_0199.jpg
ご両親やご家族から届けられた手紙。
遅くまで何度もチェックし、118名全員揃ったことを確認しました。
今まで延べ7000名の子どもたちを相手に手紙を活用した研修を行ってきましたが、手紙が届かなかった子どもは一人もいません。
ご協力ありがとうございます。

2010年08月22日

第27回子ども自然体験キャンプ(2日目) 8.22

キャンプ2日目、今日も暑い一日になりそうです。
子どもたちは元気一杯で、早朝から起きて私の睡眠を邪魔する子もいます。
今日は野外炊飯(朝食)と阿蘇神社までのハイキング(水基めぐり)、そして夜は「両親からの手紙」が主な予定です。

IMG_0203.jpg
朝の集いで、今日の詳しい予定や持ち物などの伝達も行われます。

IMG_0208.jpg
卒塾生の吉富綾乃さんが次女を連れてお手伝いに来てくれました。
小学3年生の長女は研修生として参加しています。
今回は、過去にキャンプに参加した子どもの子どもさんが7名参加しています。

IMG_0215.jpg
朝食の作り方を指導するスタッフ。

IMG_0226.jpg
子どもたちに大人気のカモの行進。
キャンプ場そばの池に住んでいますが、毎朝と夕方には整列して行進しています。
カモのリーダーに付いて100mも移動し、草場でミミズを食べているようです。

IMG_0238.jpg
朝食準備のための薪割り。

IMG_0252.jpg

IMG_0311.jpg

IMG_0319.jpg
朝食はコーンスープ、サラダ、牛乳、パンなどでした。

IMG_0326%5B1%5D.jpg
阿蘇神社まで5キロのハイキングに出発。
炎天下のため、途中で水の補給をしっかり行いました。

IMG_0343.jpg
阿蘇神社

IMG_0336%5B1%5D.jpg
阿蘇神社の小さな水路の冷たい水に足を浸けて、昼食の弁当を頂きました。
炎天下1時間30分も歩いた後だけに、とても気持ちが良かったです。

IMG_0354%5B1%5D.jpg
「水基めぐり」ゲームを楽しむ子どもたち。

IMG_0385.jpg
午後4時、全員無事、ゴールインしました。
前方は阿蘇青少年交流の家です。

親からの手紙
午後7時30分「集いの広場」に集合。
午後8時、本館大研修室。
真っ暗な部屋にロウソクの灯りがともる中で、私が30分間、講話を行ったあと、「親からの手紙」を手渡しました。
IMG_0393.jpg
手紙を手渡す組長さん

IMG_0432.jpg
真剣に手紙をよむ小学2年生の女の子

IMG_0447%5B1%5D.jpg

IMG_0451%5B1%5D.jpg

IMG_0454%5B1%5D.jpg


2010年08月23日

第27回子ども自然体験キャンプ(3日目)8.23

第27回子ども自然体験キャンプin阿蘇、3日目となりました。
スタッフはキャンプ場の管理棟で寝ていますが、私は子どもたちの様子がわかるように、子どもたちと一番近いところのテントに、いつも一人で寝ています。

今朝は、昨日にハイキングで疲れたのか、また「親からの手紙」に感動して、よく眠れなかったのか、6時を過ぎても、子どもたちはとても静かで、よく寝ていました。
今日は、手紙の感想文書き、沢登り、野外炊飯はカレーライスです。
IMG_0001.jpg
朝の集い。
ラジオ体操、3日目になると動きがよくなってきました。

IMG_0018.jpg
今日の食事は、沢登りの準備のため携帯食(サンドイッチとバナナとアクエリアス)です。
2グループに分かれて、感想文書きと沢登りを午前午後、入れ替わりで活動します。

感想文書き
初めに、昨日頂いた手紙を読み直して書かせました。
手紙を何度も読み直しながら、目に涙して感想文を書いている子どもがたくさんいました。
最近の子どもたちは無感動だと言われますが、感動する機会が少ないだけだと思います。
スタッフが子どもたちの書いた感想文を読みながら、泣いていました。

IMG_0057.jpg
「お父さん、お母さんが君たちのために、一生懸命、手紙を書いて下さったのだから、君たちも一生懸命、感想文を書きなさい」
岡村正徳本部長の話を真剣に聞く子どもたち。

IMG_0061.jpg
再度、手紙を読み、真剣な顔で書き始める子どもたち

宮川での沢登り
4年生以上はヘルメットと救命胴衣姿で、沢登りに挑戦しました。
IMG_0089.jpg
笑顔が最高です。
子どもたちはみんな、生まれながらの冒険家です。

IMG_0125.jpg

IMG_0143.jpg
激流の挑戦ですね。

IMG_0242.jpg

小学生低学年は、滝と魚道のある場所で川遊びを行いました。
IMG_0120.jpg

IMG_0150.jpg

IMG_0227.jpg
滝の下に立ち、水圧にたえる子どもたち。

IMG_0232.jpg
子どもたちは滝に打たれたり、水の掛け合いをしたり、大喜びでした。
昨日の疲れは、どこに行ってしまったのでしょうか。
子どもは無限のエネルギーを持っていますね。

IMG_0297.jpg
「青少年交流の家」のまわりには牧場がたくさんあります。
入口付近にはいつも牛が放牧されています。

今夜の野外炊飯は、カレーライス。
「野外炊飯をやるよ」というと目を輝かす子どもがいますが、子どもたちは火起こしが大好きです。

IMG_0006.jpg
カレーに作り方を説明するスタッフ、真剣に聞く子どもたち。

IMG_0017.jpg
さあ、大好きな薪割りです。

IMG_0026.jpg

IMG_0029.jpg
おいしいカレーライスができますように。
IMG_0079.jpg

IMG_0098.jpg
みんなの笑顔が、おいしさを表しています。


2010年08月24日

第27回子ども自然体験キャンプ(4日目)8.24

第27回子ども自然体験キャンプ、4日目となりました。
今日は朝食と昼食、2回野外炊飯を行います。
朝食は和定食、昼食は豚汁です。
午後3時くらいまでは、野外炊飯棟から離れられそうにありません。
夜は阿蘇フェスティバル、組ごとに練習した出し物を披露します。
スタッフも深夜、出し物のダンスを練習しています。

朝の集い
001.jpg
国旗掲揚

002.jpg
ラジオ体操も日増しに、上手になってきました。

%E6%8C%A8%E6%8B%B6.jpg
朝の集いの進行は、班で担当します。司会は班長さんの役割です。

%E6%84%9F%E6%83%B3%E6%96%87.jpg
昨日、感想文を書ききれなかった子どもたちは、続きを野外炊飯の合間に書きました。

%E9%87%9C%E6%88%B8.jpg
野外炊飯となると、目の輝きが変わり、釜戸から離れなれない子どもたちがいます。
息子が3歳の頃、野外炊飯ときには、釜戸のそばで顔を真っ黒にして陣取っていたのを思い出しました。

%E7%A9%BA%E7%84%9A%E3%81%8D.jpg
大失敗。
ご飯を炊くときに、うっかり、水を入れ忘れてしまいました。
食事の時には、他の班から少しずつ、ご飯を分けて頂きました。

%E9%87%8E%E5%A4%96%E7%82%8A%E9%A3%AF.jpg
豚汁の完成です。

%E9%A3%9F%E4%BA%8B.jpg
朝食、昼食2回連続で、野外炊飯を行いました。

%E7%AC%91%E9%A1%94%EF%BC%92.jpg
子どもたちは、笑顔が一番似合いますね。

%E7%89%87%E4%BB%98%E3%81%91.jpg
後片付けも皆でしました。
家でもお手伝いできるといいのですが・・・。

%E5%87%BA%E3%81%97%E7%89%A9%E7%B7%B4%E7%BF%92.jpg
夜のファスティバルのための「出し物」の打合せと練習です。
皆、真剣に練習していました。

%E8%8D%89%E5%8E%9F%EF%BC%91.jpg
大草原で「草すべり」をしたり、ゆったりした時間を過ごしました。
わたしは飛行機作りを予定していましたが、子どもたちの希望を尊重しました。

%E8%8D%89%E5%8E%9F%EF%BC%92.jpg
子どもたちの後ろは阿蘇山ですよ。

%E8%8D%89%E5%8E%9F%EF%BC%93.jpg
阿蘇山をバックに集合写真を撮りました。

%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%82%BF%EF%BC%91.jpg
阿蘇フェスティバルの始まりです。
組ごとの「出し物」(寸劇)で盛り上がりました。

%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%82%BF%EF%BC%92.jpg
歌を披露する子どもたち。

%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%82%BF%EF%BC%93.jpg
スタッフの「猛獣狩り」ゲーム。
数合わせのゲームですが、アンコールがでました。
組長の飯田君は、喉を痛めているにもかかわらず、一生懸命でした。

%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%82%BF%EF%BC%94.jpg
主席指導員の山根教雄さんです。
役になりきっている姿に感動しました。

%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%82%BF%EF%BC%95.jpg
スタッフの登場です。
さすが練習しただけのことはあります。
毎度ながら、私にはついていけません。
若いって素晴らしいですね。


2010年08月25日

第27回子ども自然体験キャンプ(5日目最終日)8.25

最終日を迎えました。
何とか、全員、元気な笑顔で家まで帰れそうです。

私はいつもこのことだけを祈って、キャンプ中を過ごしています。
振り返ると、神様を信じなければ仕方がないときも、たくさんありました。
大きな事故も無く、27回もキャンプを実施できたこと、それだけで感謝です。

%E9%9B%86%E5%90%88.jpg
全員での集合写真、いよいよ退所です。

%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%83%B3%EF%BC%91.jpg
カドニードミニオンでは「パンくんとジェームスくんのショウ」を見ました。
楽しくて笑いと笑顔が絶えませんでした。
カメラ禁止が残念です。

%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%83%B33.jpg
熊を挑発する子どもたち。(元・熊牧場です)
やんちゃな姿は、子どもらしくていいですね。

%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%83%B3%EF%BC%92.jpg
待ちに待ったお土産を買いました。

%E8%A7%A3%E5%9B%A3%E5%BC%8F%EF%BC%91.jpg
15分遅れで、市役所玄関前に到着しました。
お出迎えの保護者の皆さんの笑顔、それを見つめる子どもたちの笑顔、いつも親子っていいなと思います。
解団式。最後の点呼です。

%E8%A7%A3%E5%9B%A3%E5%BC%8F4.jpg

%E8%A7%A3%E5%9B%A3%E5%BC%8F%EF%BC%92.jpg
下見から準備まで長期に亘って、子どもたちのために頑張って下さった運営本部長の岡村正徳さんと主席指導員の山根教雄さん。
共に小学校や中学校時代から、ジュニア洋上スクールやキャンプに団員・班長・組長として何度も参加した経験をもっているベテラン指導員です。
いずれ、今回の参加者がスタッフとして参加してくれるといいですね。

%E8%A7%A3%E5%9B%A3%E5%BC%8F%EF%BC%93.jpg
保護者の皆さんと子どもたちに最後の挨拶を行う私。
「花のほほえみ 根のいのり」という言葉を大切にしてほしいと願っています。

夜はスタッフの慰労会を行いました。
慰労会中も、私はいつも、子どもたちに何かあってはいけないので、携帯電話をそばに置いています。
電話は1件、忘れ物でした。見つかればよいのですが・・・。

%E6%96%B0%E8%81%9E%E8%A8%98%E4%BA%8B8.26.jpg

宇部日報社にカラー写真で報道していただきました。
ありがたいですね。

2010年08月26日

警察用航空機・新「あきよし」視閲式 8.26

警察用航空機・新「あきよし」視閲式が山口宇部空港で行われ、文教警察委員会から、私と田中文夫議員、河野亨議員らが参加しました。
山口県警は1988年度に警察庁から配備された警察用ヘリコプター「あきよし」が更新基準の20年を経過したことに伴い新型機を配備した。当面は旧型機の運用を続け、今年7月以降に新型機の本格的な運用が始まました。
新型機はイタリア製で全長13.03メートルの8人乗り。エンジンは2基あり、最高速度は時速311キロと旧あきよしに比べ70キロ速い。最大重量は3トン。旧型機に比べてプロペラ音が小さく、機動性が増したとのことです。

%E6%96%B0%E3%81%8D%E3%82%89%E3%82%89%EF%BC%91.jpg
西村亘副知事さんと。
機体の幅は意外と狭いのに、驚きました。
如何にも速そうな形状ですね。

%E6%96%B0%E3%81%8D%E3%82%89%E3%82%89%EF%BC%92.jpg

2010年08月27日

娘がフランスに旅立ちました。8.27

25日まで4泊5日のキャンプを手伝ってくれた娘の星香が、1年間のフランス留学に旅立ちました。
フランスまでは、日本舞踊の師である雅原麻結先生が同行。
ソウル、アムステルダム経由でフランスのリヨンまで、行く予定だったようですが、飛行機のキャンセルがあり、トルコ経由となり40時間も掛かったとのこと。
格安チケットも問題ありですね。

%E6%98%9F%E9%A6%99%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9.jpg
大学で留学の試験を受けて合格したおかげで、日本の大学の授業料が、そのままフランスの大学の授業となり、さらに毎月8万円もの生活費が支給されるとのこと。
21歳で海外留学。うらやましいですね。
来年の統一地方選挙のときには不在です。
ウグイス嬢にと思っていたのですが・・・。

私の初めての海外旅行は手作りヨットによる単独太平洋横断、147日間。
初めて乗った飛行機は、サンフランシスコ空港から羽田空港乗った日本航空の飛行機。
10時間の旅でした。時代は変わりましたね。

2010年08月29日

クスノキが立派に育っています。8.28

3月8日、精華学園高等学校前に植栽されたクスノキが、何とか暑い夏を乗り越えました。

%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%8E%E3%82%AD8.jpg
江藤校長先生と片山教頭先生が、毎日、水をまいて気を遣ってくださったおかげです。
宇部興産の旧本社前に植えられていたクスノキですが、湾岸道路の建設にともない、精華学園前に移植されました。
少し弱っていたクスノキですが、おかげで立派に根付いたようです。
3月8日は、博士号を戴いた日であり、私にとっては記念植樹です。

県政報告会と後援会の集いを開催 8.29

県政報告会と後援会の集いを開催しました。
8月最後の日曜日にもかかわらず、ご参加くださった皆さまに感謝です。
おかげで、県議として7年目を迎え、文教警察委員会委員長として、教育問題や暮らしの安心安全に係る課題に取り組ませて頂いておりますが、これからも「行政の力だけでは対応できない分野は、自ら行動を起して取組む」という姿勢で、皆さまのご期待に添えるよう努力して参ります。
後援会も会長の村田義三さんを中心に、活動の輪を拡げて参りたいと思います。

8.29%E5%BE%8C%E6%8F%B4%E4%BC%9A.jpg

8.29%E5%BE%8C%E6%8F%B4%E4%BC%9A%EF%BC%92.jpg
真剣に聞き入ってくださった参加者の皆さん。
ありがたいことだと思います。

About 2010年08月

2010年08月にブログ「岡村精二 日々の活動」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年07月です。

次のアーカイブは2010年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34