« 2009年10月 | メイン | 2010年01月 »

2009年12月 アーカイブ

2009年12月03日

精華学園高等学校の校歌を募集 12.4

学校法人山口精華学園 X ピアプロ コラボによる校歌を募集しています

%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AD.jpg
「クリプトン・フューチャー・メディア社から発売されている「キャ ラクター・ボーカル・シリーズ - 初音ミク」を使って、オリジナリティあふれる校歌を創作してください

募集期間 : 2009年12月21日(月)17:00まで
ボーカルパートに「初音ミク」を使用した楽曲の募集となります。
※ コーラスなどに鏡音リン・レン、巡音ルカ、MEIKO、KAITOの使用はOKです。
テーマは「幸せに生きる」です。
校歌にふさわしいもの(不当な表現等は使わないこと)であれば音楽的なジャンルや歌詞の世界観は自由とさせていただきます。(主催者の判断を基準)

詳しくは、精華学園高等学校のホームページに記載されていますが、すでに応募されている方の楽曲を聴くことができます。
どれも素晴らしい曲です。
是非、聞いてみてください。
感動しますよ。

2009年12月04日

「がんばる先生応援団」12.4

頑張っている先生たちを応援しませんか。
あこがれ先生プロジェクト!!
「がんばる先生応援団」
結成準備会参加者&協賛企業募集のご案内

教育熱心で素晴らしい先生がたくさんいます。
しかし、中には自信と元気を失い、それでも必死に頑張っている先生もいます。
高い志と熱意を持った先生が、教育者としての誇りと喜びを持ち「教師になって本当に良かった」と思って頂くために、現在、「がんばる先生応援団」の結成準備を進めています。
この取組みに賛同し、結成準備会に参加して頂ける方、もしくは協賛してくださる企業を募集しています。
 ぜひ、ご参加ください。

第1回「がんばる先生応援団」結成準備会
日時: 平成22年2月20日(土)午後3時~5時
場所: 精華学園高等学校(宇部市東吉部)
     
     ※午後5時から懇親会(会費3,000円、宿泊可)
  1.お気軽にご参加ください。
  2.参加資格は、日本の未来を担う子どもたちのために「先生を応援したい」という想いだけ
    で結構です。
  3.懇親会はイノシシ鍋で酒を飲みながら、日本の未来を語りましょう。
  4.先生は参加できません。あなたを応援する会です。
    しかし、興味のある方は、どうぞご参加ください。
  5.会費は当日、徴収します。
 
参加を希望される方は、2月15日までに、FAX(0836-44-4423)またはメール(E-mail:  
 seiji@okamura21.com)でお申込みください。

OBS%E7%A0%94%E4%BF%AE%E4%BC%9A.jpg
体験学習の研修会に自費で参加している先生たち

「がんばる先生応援団」の趣意書(案) 文面は準備会で決定します。

「先生になって本当に良かった。」と目を輝かしてほしい。
なぜなら、子どもたちの未来を、先生は担っているからです。

多くの先生は子どもの頃、素晴らしい先生と出会い、あこがれ、そして「大人になったら、私も先生になりたい」と夢をみて、念願の先生になりました。
だからこそ私たちは、子どもたちのために輝いてほしいのです。
なぜなら『先生は未来を託す子どもたちのあこがれ的存在であり、生き方の見本であることが教育の基本だ』と思うからです。
さて近年、情報化社会の進展、ファミコンや携帯電話の普及、個室文化の影響などに伴い、人に対する思いやりに欠け、自己中心的な考えを持つ子どもたちが増えています。
その結果、学校では友人関係がうまく築けず、ちょっとしたストレスに耐えられない子どもが増え、イジメや不登校、学級崩壊などが急増しています。
一方、先生は自己中心的な生徒や保護者への対応に苦慮し、何より「先生を尊敬する」という基本的な考えの喪失が、子どもたちの教育をより難しくしています。
しかし、先生が「日本の未来を担う有為な青年を育てる」という大きな使命感を持ち、子どもたちを教育しなければ、日本の未来はありません。
「先生になって本当に良かった。」と目を輝かし、日々、子どもたちと接している先生がたくさんいます。
しかし反面、子どもたちの言動や学級運営に戸惑い、困り果て、先生としての使命感や自信、誇りを失いかけている先生がいます。
保護者や校長の顔色を窺いながら、本当は子どものためにしてあげたいことがあるのに、前段階で踏み止まっている先生がいます。
子どもたちがあこがれる先生を目指して教師になったのに、いつの間にか、教科を教えるだけの空虚な時間を学校で過ごしている先生がいます。
そんな先生たちを応援したい。
「先生になって本当に良かった」と目を輝かせ、「日本の未来を担う子どもたちを育てる」という強い使命感と誇りを持つ先生を増やしたい。
日本の未来のために、がんばる先生を応援したい。
有志が集まり、「がんばる先生 応援団」を結成します。 

【主な事業】(案) 

民間だからこそできる先生たちへの応援活動なら、何でもOK。やりましょう。
 1)「あこがれ先生!プロジェクトin山口」の開催
     (平成22年11月開催予定)
   無名だけど、生徒から慕われ、憧れを持たれている素敵な先生が全国にはたくさんいます。
   そんな先生からヒントを学ぶ交流会
 2)がんばる先生座談会、交流会の開催
 3)教室や野外で活かせる活動事例の紹介
 4)先生による先生のための自主勉強会の開催
 5)「先生居酒屋」の開催
 6)その他

「博士論文公聴会」のご案内 12.4

「博士論文公聴会」のご案内

 宇部市議会議員に初当選した平成11年の10月、宇部市は台風による高潮で甚大な被害を受けました。
これから自然災害の多発時期が来るのではないかとの危機感から、災害対策を学ぶために、平成12年10月、山口大学大学院(防災システム工学科)に入学しました。
平成14年9月、修士課程を終えましたが、新潟県中越地震、有珠山噴火、福岡県西方沖地震、さらに山口県でも集中豪雨により大きな被害が多発するなどの事態を受けて、さらに知識を深めるため、10月から博士課程(安全環境工学分野)に入学しました。
しかし、議員としての活動のかたわらということで、単位は取得したものの論文が進まず、6年目を終え単位取得退学。(博士課程は3年間、6年以上在籍できません。)
そして7年目の今年8月、ようやく2編目の日本建築学会・査読論文の採用が決まり、8月末、学位論文を大学院係に提出しました。
先日11月24日、本審査を終え、このたび公聴会が開催されることになりました。
(学位授与式は平成22年3月16日、大学本部で行われます)
論文題目は「大災害を想定した早期設置型戸建てシェルターの開発と評価」です。「戸建てシェルターの開発」は、阪神淡路大震災の発生直後から取組んできた課題です。
これまでの研究成果をご聴講頂けると幸いです。


日時:平成21年12月18日(金) 午前9時~10時
場所:山口大学工学部(常盤台)
  (会場はD棟123号室です)
    ※誰でも参加できます。【駐車場もあります。正門からお入りください】
    ※当日、直接会場までお越し下さい。

ご参加頂ける方は資料作成などの準備の都合上、12月16日までに、FAX(44-4423)、電話、またはメール(seiji@okamura21.com)にてご一報頂けると仕合せです。

%E8%AB%96%E6%96%87.jpg
審査会で、博士論文に赤ペンがたくさん入りました。
論文の修正がたいへんな作業ですが、あと少しです。
頑張ります。
あきらめなくて良かったです。本音です。
議員になって大学に入った人も稀だと思いますが、
議員になって学位を取った人は、全国的にもいないようです。

ここまで頑張れたのは、主査の三浦房紀教授(工学部長)、村上ひとみ准教授、そして、戸建てシェルターに関わった多くの皆さまのお陰だと心から感謝しています。
厚くお礼申し上げます。

我が家は大学生が3人(長男、長女、私)。
経済的にも、嫁さんが一番喜んでいます。

2009年12月13日

第39回宇部市街頭美化清掃作業 12.13

12月13日(日)午前10時から11時で開催しました第39回宇部市街頭美化清掃作業には400名を超える市民の皆さんが参加して下さいました。
心より厚くお礼申し上げます。
実行委員長として12回目の開催です。
毎回終了後、集められたゴミの山を眺めると、うれしい気持ちになります。

市制50周年を記念して始まった中心市街地の年末街頭清掃奉仕は、毎年400名を超える市民の皆様のご参加を頂き39回目を迎えることができました。
宇部市はかつて世界有数の煤塵公害都市といわれていましたが、産官学公の宇部方式によって克服した歴史があります。
特に宇部市を挙げての清掃奉仕は、今も企業や市民の方々に受け継がれ、会社や自宅付近の清掃奉仕を自主的に毎日行っている方々がたくさんおられます。
「宇部市はかつて日本一掃除の盛んな町だった」と振り返る方もおられます。
良き伝統を受け継いで参りたいと思っています。

P1020637.jpg
東部地区集合場所の宮大路児童公園には200名を超えるご参加を頂きました。
(西部地区集合場所は宇部新川駅前)
緑色のジャンパーは、今回のために作製しました。
P1020636.jpg
開式の挨拶と諸注意を行う私
P1020639.jpg
清掃作業に取組む参加者
P1020642.jpg
落ち葉で、すぐに袋が一杯になりました。
P1020647.jpg
子共と一緒に参加してくださった方もたくさんいました。
P1020650.jpg
国際ソロプチミストの皆さん
P1020659.jpg
宇部西高等学校生徒会の皆さん
P1020656.jpg
終ってみれば、ゴミの山ができました。
DVC00020.jpg
スタッフとしてお手伝い頂いた「森と海の学校」の指導員たち

来年の第40回宇部市街頭美化清掃作業は12月12日(日)に予定しています。
琴崎八幡宮の清掃奉仕を6月1日6時からと、12月1日6時30分から約30分間行っています。
ご参加頂ければ幸いです。


2009年12月29日

「博士」学位論文公聴会:開催12.18

12月18日、「博士」学位論文公聴会が山口大学工学部のD12講義室で開催され、無事終えることができました。
おかげ様で「工学博士」の学位を頂けることになりました。
これまでお世話になりました多くの皆さまに心より厚くお礼申し上げます。
学位は3月16日山口大学本部の授与式で授与される予定です。

さて、12月18日午前9時からの公聴会には、早朝、雪の降りしきる中、しかも年末のたいへんお忙しい時期にもかかわらず、多くのご参加頂きました。
おかげ様で博士論文の予備審査、本審査、そして公聴会を終え、来年3月16日、山口大学本部で開催される授与式で学位「工学博士」を頂けることになりました。
研究成果を論文としてまとめる機会を頂けたことは、本当に有難く多くの皆さまのご協力の賜物と心から感謝しています。
振り返ってみますと平成7年の阪神・淡路大震災直後、被災地では避難所となった体育館に被災者が溢れ、不自由な生活を余儀なくされていました。
当時必要とされた仮設住宅は約5万戸、その建設日数は6ヶ月も掛かるとのことでした。
「被災者を避難所でのプライバシーのない悲惨な生活からの早期に開放する方法はないのか」「立派な応急仮設住宅でなくとも、とりあえず住める簡易住宅を早急に提供する施策はないのか」と考えたとき、思い起こしたのは昭和52年、単独太平洋横断に使用したシンシア3世号のことでした。全長6m、幅2mの小さなヨットですが、船内には4人生活できる空間と設備がありました。
その経験を基に始まったのが早期設置型戸建てシェルター(緊急避難施設)の開発でした。
思いだけで始まった研究も14年目、山口大学大学院(防災システム工学科)に社会人学生として入学して9年目。
議員としての仕事の合間での学業でしたが、これからも「県民の暮らしの安全・安心を守る」という使命感をもって、防災対策に取組んで参りたいと思っています。

%E9%96%8B%E5%A7%8B%E5%89%8D.jpg
公聴会開始前、会場看板の前で

%E8%A8%98%E5%B8%B3.jpg
受付で記帳をしてくださる聴講者

%E7%99%BA%E8%A1%A8%E2%91%A0.jpg
私の研究内容を紹介する三浦房紀教授(工学部長)、その後ろで緊張気味に私

%E7%99%BA%E8%A1%A8%E2%91%A1.jpg
多くの聴講者の前での発表、まさに私は学生です。

%E7%99%BA%E8%A1%A8%E2%91%A2.jpg
プロジェクターで映し出されたパワーポイントのスライドで研究発表を行う

%E8%B3%AA%E5%95%8F%E2%91%A0.jpg
聴講者から質問を受ける私(質問されているのは浮田教授です)

%E7%B5%82%E4%BA%86%E5%BE%8C%E3%81%AE%E8%A8%98%E5%BF%B5%E6%92%AE%E5%BD%B1.jpg
終了後、会場看板の前で記念写真。
左端は妻の里美、そして、宮本弘・映子後援会会長夫妻。
三浦房紀教授、村上ひとみ准教授、滝本浩一准教授には、本当にお世話になりました。
心より厚くお礼申し上げます。
この後、私は議会に出席するため、山口に向かいました。


初詣は妻崎恵美須神社へ 12.29

初詣は妻崎恵美須神社にお参りされませんか。

平成10年から縁あって、お世話をさせて頂いています。
毎年1月1・2日は「ぜんざい」の接待をさせて頂きます。
神社のそばにある「森と海の学校の合宿所」(白い建物)が社務所代わりです。
お気軽にお越しください。
お待ちしています。

場所は厚南区竹の子島(妻崎漁港)です。
 (厚東川の厚南平野側の河口にある漁港の丘の上にあります)

%E6%81%B5%E7%BE%8E%E9%A0%88%E7%A5%9E%E7%A4%BE2.jpg
恵美須神社です。手水鉢には「源」「平」「藤原」の姓がついた名前が彫られています。
%E6%81%B5%E7%BE%8E%E9%A0%88%E7%A5%9E%E7%A4%BE%EF%BC%91.jpg
毎年、春祭りには花見を行っています。

About 2009年12月

2009年12月にブログ「岡村精二 日々の活動」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年10月です。

次のアーカイブは2010年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34