« 2008年06月 | メイン | 2008年08月 »

2008年07月 アーカイブ

2008年07月17日

7月21日(月)17:00~KRY山口放送「熱血テレビ」で放映

%E7%88%B6%E6%AF%8D%E3%81%AE%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG

7月21日(月)17:00~ KRY山口放送「熱血テレビ」で、先日出版された私の著書「手紙でつむぐ 親子のきずな」(創元社・刊)の内容が7分間にわたって放映されます。

司会の高橋裕さんは、かつて「ズームイン朝」の取材で、お手紙を活用した活動を取材されたことがあります。
手紙のもつ「大きな意味」を理解されているだけに放映が楽しみです。
上の写真は、昭和52年5月17日、午前7時30分、私がヨットによる太平洋単独横断のため、宇部港を出航するときの父と母の姿です。
当時父は61歳、母は53歳です。
今回の取材と編集で、私の太平洋横断について、テレビ局に保管されていた過去の映像を見ているときに、探しあてたのだそうです。
こういうときでなければ、絶対に見ることのできない映像です。
この1枚は私の宝物ですね。
父の目の向こうに、宇部港を出航する私の姿があったのだと思うと、涙が出ます。
親不孝者でした。

21日、ぜひご覧下さい。

2008年07月20日

山口県知事選挙  7.20

%E4%BA%8C%E4%BA%95%E7%9F%A5%E4%BA%8B%E9%81%B8%E5%AF%BE.jpg

今回の知事選挙は、今一、盛り上がりませんね。

先日、あるご年配の方から、「来年は知事選挙と市長選挙の両方がありますね」と聞かれ、一瞬、戸惑ってしまいました。
選挙中、私が行動隊長をつとめることになりましたが、全日程、選挙カーと行動を共にするのは、たいへんなので手分けをして、4日間、候補と走ります。
選挙カーは全部で2台しか走っていないのですから、盛り上がりに欠けるのは仕方ありませんが、少しでも、投票率を上げる努力をしたいですね。
(写真7.16:行動隊結団式にて)

2008年07月21日

子ども自然体験キャンプの事前研修 7.21

%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E4%BA%8B%E5%89%8D%E7%A0%94%E4%BF%AE.jpg

第25回子ども自然体験キャンプの保護者向け事前研修を開催し、140名の参加を頂きました。

昭和59年に始めた4泊5日のキャンプが25年目、第25回となりました。
最近は子ども会やPTAでもキャンプをしなくなりました。
荘考えると、事故もなく、よく続いたなあと思います。
今回は熊本県阿蘇で開催、小学1年生から中学2年生までの140名が参加し、スタッフを入れると160名の大キャンプとなりました。
参加申込みを約180名頂き、当初の定員100名から、現地視察で最終的に40名増やして対応しましたが、それでも結局、40名のお断りしなければなりませんでした。
楽しみにされていた方も多く、申しわけなく思っています。
事前研修では、キャンプの目的、保護者から手紙、持ち物などについて約90分、説明させて頂きました。

夕方、KRY山口放送の「熱血テレビ」を見ました。私の「手紙でつむぐ親子のきずな」を題材に8分間、放映されました。
本に収録されている2家族に親の手紙と子どもの感想文が取り上げられ、感動的な内容で、見ていて涙が出ました。
KRYの徳永さん、高橋さんに感謝です。

2008年07月23日

長門市夏季教育研究講座で講演 7.23

%E9%95%B7%E9%96%80%E6%95%99%E5%93%A1%E7%A0%94%E4%BF%AE.jpg

長門市夏季教育研究講座で、市内の小中学校先生を対象に講演をさせて頂きました。
会場は「ラポートゆや」のホール。
教職員の資質向上を目的とした講座です。
釈迦に説法で、失礼と思いましたが、約1時間50分の講演させて頂きました。
先生方が、全員一生懸命聞いてくださったので、うれしかったです。
演題は「人間力―夢に向かって」。
しかし、中学2年生男子によるバスジャック事件、埼玉県の中学3年生の女子による父親刺殺事件など、親子の絆を考えさせられる事件が続いたので、「絆」をテーマにして、少し演題から離れた内容でお話させて頂きました。
少しでもお役に立てれば、よいのですが、、、、。

2008年07月30日

日本女性には清純、清楚が似合います。 7.30

%E7%A5%9E%E6%88%B8%E3%81%AE%E4%B8%AD%E5%AD%A6%E7%94%9F7.31.jpg

写真は、神戸の女子中学生。笑顔を可愛くて、写真を撮らせていただきました。

最近、「アジアンビューティー」という言葉が流行語となり、若い女の子たちのスタイルが日本人らしく、しかも健全になってきました。
高校生、大学生の茶髪が少なくなり、東京に行っても、大学に行っても、超ミニスカートの女性をほとんど見かけなくなりました。
パンツスタイル、ジーパンが多いですね。
なぜか、真面目そうに、賢く見えてうれしいです。
どうも若い女性の格好が気になっていただけに嬉しい傾向です。
日本人の女性には、清楚、清純がピッタリです。
我が娘は如何に、、、、。

アラジンの「陽は、また昇る」という歌を聴きました。
「頑張れ日本。日本のサラリーマン・・・・」
大ヒットしそうな歌です。
「日本を少しでも良くしよう。大切にしよう。見直そう。誇りを持とう。」
という内容、賛否はあっても、嬉しい歌ですね。

2008年07月31日

湾岸道路(厚南区新開作)に信号機新設 7.31

%E6%B9%BE%E5%B2%B8%E9%81%93%E8%B7%AF7.31.jpg

西割交差点から馬渡橋に向かう道路と湾岸道路の交差点に、信号が新設されました。
今まで、湾岸道路側が一旦停止になっていましたが、交通事故も起きており、これからはスムーズに運行されそうです。
警察にとっては、格好の違反摘発場所でした。
地元住民にとっては、うれしいニュースですね。

それにしても暑い毎日ですね。
明日は某県知事候補の行動隊長として、終日、県東部地区を選挙カーと共に走ります。
8月3日は投票日です。
みなさんよろしく。

卒塾生の結婚式(松谷綾子さん) 7.26

%E7%B6%BE%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E7%B5%90%E5%A9%9A%E5%BC%8F.jpg

卒塾生の松谷綾子さんの結婚式に夫婦で出席しました。

式は神戸市内で行われ、相手は山口大学大学院を卒業した建築技術者です。
彼が学生時代から付き合っていたとのこと。素敵な男性ですが、私は当日まで、知りませんでした。
さて、綾ちゃんは今回出版した「手紙でつむぐ親子のきずな」にお母さんと祖母の手紙、そして綾ちゃんの感想文を掲載していますが、家族の愛情を一杯受けて育った素直な優しい女性です。

私の塾には中学1年生のときに入塾しました。
高校生になってからは、キャンプや洋上スクールのスタッフとして、子どもたちのお世話をしてくれました。

新婦の主賓としての挨拶をさせて頂き、綾ちゃんの祖母の手紙を読ませて頂きましたが、涙が出てきました。
『新郎は、いい人も嫁さんに見つけましたね。
男性にはいつも「嫁さんはキャンプ場で見つけろ」と言っています。
子どもたちのお世話を、炎天下、一生懸命している女性くらい素晴らしい人はいません。
私の女性スタッフは、誰も素晴らしい人ばかり。
綾ちゃんはその大切なキャンプスタッフです。
新郎、あなたは幸せですよ・・・・』
ついつい長話をしてしまいましたが、いい結婚式でした。
今月はあと2回、結婚式に家族でご招待を受けています。
私は幸せ者ですね。

上温湯翼(うわぬるゆつばさ)君が、突然、来訪 7.31

%E4%B8%8A%E6%B8%A9%E6%B9%AF%E7%BF%BC%E5%90%9B.jpg

中学高校時代、ジュニア洋上スクールに、毎回参加してくれた大阪の上温湯翼(うわぬるゆつばさ)君が、突然、訪ねて来ました。今は防衛大学の学生です。

彼は、ジュニア洋上スクール団員として、中学1年生から高校2年生まで毎年、参加しました。
中国への洋上スクールでは、寄港地での文化交流会で、剣道を披露してくれたのですが、中国人の子どもたちに、防具姿を笑われ、悔し泣きをしました。
一途さが彼の素晴らしさです。

大学受験では、防衛大学を受験しましたが、残念ながら不合格でした。
しかし、国立大学入試では、「大阪大学」に合格しました。
私は当然、大阪大学に入学したものだと思っていましたが、防衛大学への夢が捨てきれず、浪人。
翌年、再度、防衛大学を受験し合格しました。
今は2年生。いい男です。
夏の制服姿を見せたくてとわざわざ、来てくれました。

キャンプの準備をしていたスタッフたちと記念写真を撮りました。

About 2008年07月

2008年07月にブログ「岡村精二 日々の活動」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年06月です。

次のアーカイブは2008年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34