« 精華高等学校の制服選び(重要ですね)3.17 | メイン | 第20回ジュニア洋上スクールin沖縄 最終スタッフ会議3.26 »

パナソニック教育財団 表彰式 3.20

3月20日3月20日、東京丸の内の東商ホールでパナソニック教育財団「こころを育む総合フォーラム」受賞式とシンポジウムが行われ、若いスタッフを含め7名で上京しました。
%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E6%8E%88%E8%B3%9E%E5%BC%8F4.jpg
ブロック大賞は「森と海の学校」の首席指導員を勤めた経験のある岡村海志君、松永麻衣さん、増森清香さんが登壇し、遠山敦子(元文部科学大臣、財団法人パナソノック教育財団理事長)さんから賞状と盾、副賞30万円を頂きました。
%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E6%8E%88%E8%B3%9E%E5%BC%8F3.jpg
特別賞は事務局の岡村里美が登壇し、遠山敦子さんから頂きました。
%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E6%8E%88%E8%B3%9E%E5%BC%8F%EF%BC%91.jpg
%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E6%8E%88%E8%B3%9E%E5%BC%8F2.jpg
表彰式の後、パネルディスカッションは活動を「進める、広げる、続ける」をテーマに開催されました。
市川伸一(東京大学大学院教授)さんがコーディネーター役を勤められ、パネリスト・コメンテーターとして、私と鈴木せい子(群馬県助産師会会長)さん、山折哲雄(国際日本文化研究センター名誉教授)さん、滝鼻卓雄(読売新聞社東京本社会長)さん、遠山敦子(パナソノック教育財団理事長)さんが登壇して約70分間行われました。
私は
「ボランティアといえば、とかく福祉活動が取り上げられることが多いが、炎天下、子どもたちのお世話を一生懸命行っている若者たちに光を当て頂いたことが何よりもうれしい」
との感想を述べたあと、25年間の体験を通して、主に受賞理由である「活動を継続的に続けるための方法」について話させて頂きました。
A. 高校生と大学生を信じて任せることの大切さ
B. 参加者とスタッフの年齢が近いことで、参加者は「いつか私もスタッフになりたい」
  という憧れを持つ。このことで常に新しいスタッフが生まれる。
C. 保護者のための事前研修を行うことで、保護者に参加意識と子育ての感動を持たせる。

「全国的な表彰を受けたことは大きな励みとなりました。これからも、青少年健全育成のために、微力ながら頑張りたいと思います。」


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.pcws.jp/~okamura/blog/mt-tb.cgi/194

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2009年03月24日 08:31に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「精華高等学校の制服選び(重要ですね)3.17」です。

次の投稿は「第20回ジュニア洋上スクールin沖縄 最終スタッフ会議3.26」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34